「了解」と「了承」「承知」「承諾」の違い

了解する画像

了解・了承・承知・承諾は、相手の言うことや事情を理解して、受け入れたり、許したりすることをいうが、ニュアンスが異なる。

了解の「了」と「解」は、いずれも「よく分かる」「悟る」という意味。
了解は物事の内容や事情をはっきり理解することを意味し、単に言葉の意味が分かるという意味でも使う。
そのため、相手の事情などを理解し認める意味で用いる場合も、「理解」に重点が置かれる。

了承は了解と同じく事情を理解して認めることだが、「承」は「承る(うけたまわる)」「受け入れる」という意味で、了解よりも「受け入れる」「認める」という意味に重点が置かれる。
「何卒ご了承ください」「上司の了承を得る」のように、相手に理解を求め受け入れてもらうことには、「了承」を使うのが正しく、「了解」では不自然になる。

承知は相手の依頼や要件を聞き入れることを意味する。
「事前に承知しておきたい」「百も承知」と使うように、事情などを知ることや、知っていることが原義であるため、「知る」「聞く」に重点が置かれる。

承諾と同じ意味で承知を使うこともあるが、承知は聞き入れることで、承諾は承知して引き受けることである。
聞き入れるは、発言を聞き、そのようにする意味。
引き受けるは、自分が責任をもつことや、保証する意味。
つまり、承諾は認めるだけでなく、承知した人が責任を持ったり、保証することを意味する。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 堤防が決壊し川の水が氾濫する画像
    氾濫も決壊も、大雨などで起こるものだが、表す状態に違いがある。 氾濫は、雨などによって水があふ…
  2. 方言の画像
    訛りは方言を特徴づける要素のひとつなので、「訛り」を「方言」と言っても間違いではいが、それ以外の方言…
  3. 拡声器を使ってお知らせする画像
    広報とは、官庁や企業、各種団体などが、施策や活動内容、商品やイメージなどを広く一般の人々に知らせるこ…
  1. 存在を見つける画像
    有るは、「財産が有る」「貫禄が有る」「有りがち」など、「持っている」「備わる」「含まれる」といった「…
  2. 帰省ラッシュの画像
    帰省は、お盆や年末年始などの休暇を利用し、一時的に故郷へ帰る意味で使われることが多い。 帰省の「省…
  3. 津波で流された家の画像
    洪水・土砂災害・津波・大規模火災・原子力災害など、災害に関する避難情報には、危険度の低い順から、避難…
  4. 卓球をする人の画像
    温泉旅館など遊戯でする卓球は「ピンポン」とも呼ばれるが、競技としての卓球を「ピンポン」と呼ぶことはな…
  5. ひとり旅の画像
    ひとりの漢字表記「一人」は、人数が1である。一名であることを表す。 「独り」は、孤独の意味以外にも…
ページ上部へ戻る