「ファスナー」と「ジッパー」「チャック」の違い

ジッパーの画像

「ファスナー」も「ジッパー」も「チャック」も全て同じ物を指し、違うのはその呼称が使用される国と起源である。

「ファスナー(fastener)」は「留める物」を意味する名詞で、ネジやボルトの類もファスナーである。
日本でいうファスナーの正式名称は、「スライドファスナー(滑り式留金具の意)」といい、日本でファスナーを区別する際には、スライド式のものを「線ファスナー」、ネジやボルト類を「点ファスナー」、マジックテープの類を「面ファスナー」と呼ぶ。
スライドファスナーは、1891年にアメリカのW・ジャドソンが考案し、1893年にユニバーサルファスナー社によって生産が開始された。

「ジッパー(Zipper)」は、1921年にアメリカのグッドリッチ社がファスナーを販売する際に商標登録した商品名で、弾丸の飛ぶ音や、布を裂く音を表す「zip」という擬音語から名付けられた。
アメリカでは「ジップファスナー(Zip fastener)」とも呼ばれ、ジッパーやジップファスナーは、アメリカを中心に世界で広く使用される。
「ジッパー」は登録商標ではなくなったため、現在では一般名称となっている。

チャックは、1927年に尾道で製造販売された「チャック印」という商標登録名で、「巾着」をもじった造語である。
チャック印のファスナーは、丈夫で壊れにくいものであったことから、ファスナー(ジッパー)の代名詞となった。
ただし、その名が広まったのは日本国内のみで、日本以外の国で「チャック」と言っても通じない。
「チャック」も登録商標ではなくなったため、現在では一般名称となっている。

日本のチャックのように、別の呼称を使う国は他にもあり、中国・台湾・香港などでは「ラーリェン」、ドイツでは「ライスフェアシュルース」、イタリアでは「キウズーレ・ランポ」、フランスでは「フェルメチュール・ア・グリシェール」、中米諸国では「シェレス・レランパゴス」や「シェレス・デ・クレマレラス」と呼ばれている。

関連記事

  1. 打ち合わせの画像
    御社と貴社は、どちらも相手方の会社を敬う言葉。 言葉の意味や相手を敬う度合に違いはないが、両者はき…
  2. 交代する画像
    交代と交替は、役目や位置などを入れかえること、また、入れかわることで、同じ意味を表す言葉である。 …
  3. 速い犬の画像
    速いは、ある動作を完了するのに要する時間が短い、一定時間に動く距離・働く量が大きい、すみやかであると…
  1. 妊婦の体の画像
    母体は、産前から産後までを含めた母親の体のこと。 「母体の健康」や「母体の安全」という時の「母体」…
  2. 初夏の画像
    陰暦(旧暦)の夏は、4月から6月までを指し、夏の初めである4月を「初夏」、夏の半ばである5月を「仲夏…
  3. 診察の画像
    検診は、病気であるか否かを調べるために行う検査・診察のこと。 「がん検診」や「歯科検診」など、特定…
  4. チョッキ・ベスト・ジレの画像
    チョッキの語源には、「直着」の意味や、フランス語の「jaque」やポルトガル語の「jaqueta」か…
  5. 複雑な生い立ちの画像
    生い立ちは、「壮絶な生い立ち」「不幸な生い立ち」「生い立ちムービー」など、どのように育ったかという、…
ページ上部へ戻る