「ファスナー」と「ジッパー」「チャック」の違い

ジッパーの画像

「ファスナー」も「ジッパー」も「チャック」も全て同じ物を指し、違うのはその呼称が使用される国と起源である。

「ファスナー(fastener)」は「留める物」を意味する名詞で、ネジやボルトの類もファスナーである。
日本でいうファスナーの正式名称は、「スライドファスナー(滑り式留金具の意)」といい、日本でファスナーを区別する際には、スライド式のものを「線ファスナー」、ネジやボルト類を「点ファスナー」、マジックテープの類を「面ファスナー」と呼ぶ。
スライドファスナーは、1891年にアメリカのW・ジャドソンが考案し、1893年にユニバーサルファスナー社によって生産が開始された。

「ジッパー(Zipper)」は、1921年にアメリカのグッドリッチ社がファスナーを販売する際に商標登録した商品名で、弾丸の飛ぶ音や、布を裂く音を表す「zip」という擬音語から名付けられた。
アメリカでは「ジップファスナー(Zip fastener)」とも呼ばれ、ジッパーやジップファスナーは、アメリカを中心に世界で広く使用される。
「ジッパー」は登録商標ではなくなったため、現在では一般名称となっている。

チャックは、1927年に尾道で製造販売された「チャック印」という商標登録名で、「巾着」をもじった造語である。
チャック印のファスナーは、丈夫で壊れにくいものであったことから、ファスナー(ジッパー)の代名詞となった。
ただし、その名が広まったのは日本国内のみで、日本以外の国で「チャック」と言っても通じない。
「チャック」も登録商標ではなくなったため、現在では一般名称となっている。

日本のチャックのように、別の呼称を使う国は他にもあり、中国・台湾・香港などでは「ラーリェン」、ドイツでは「ライスフェアシュルース」、イタリアでは「キウズーレ・ランポ」、フランスでは「フェルメチュール・ア・グリシェール」、中米諸国では「シェレス・レランパゴス」や「シェレス・デ・クレマレラス」と呼ばれている。

関連記事

  1. 友情出演・特別出演の画像
    映画やテレビドラマのエンドロールで、「友情出演」や「特別出演」という文字が書かれていることがある。 …
  2. 炒飯の画像
    チャーハン(炒飯)は、中国料理が日本に伝わった料理。 熱した鍋に油をひき、溶き卵、炊いた白米(ご飯…
  3. 畳表草履の画像
    下駄は、木製の台に3つの穴を開け、鼻緒をすげた履物の総称。 台部に2本の歯がついたものが多いが、台…
  4. 胸を強調するタンクトップ姿の女性の画像
    ノースリーブは、「sleeve(袖)」が「no(ない)」という意味から作られた和製英語で、英語では「…
  5. 崖を飛び越える画像
    越えるは、物の上や障害、境界などを通り過ぎて向こうへ行くことや、時を経過することを表す際に用いる。 …
  1. 目(眼)の画像
    視覚器官の「め」を表す漢字には、「目」と「眼」がある。 目は眼よりも日常的に使われ、「台風の目」「…
  2. ミルクティーの画像
    ミルクティーは、カップに入った熱い紅茶に少量の牛乳を入れて作る。 牛乳は少量しか使わないため、冷蔵…
  3. 堤防が決壊し川の水が氾濫する画像
    氾濫も決壊も、大雨などで起こるものだが、表す状態に違いがある。 氾濫は、雨などによって水があふ…
  4. 子供の冒険旅行画像
    冒険の「険」は、「けわしい」という意味。 冒険は、危険をおかすことや、危険を承知で行うこと、成功の…
  5. 悲しくて泣く赤ちゃん画像
    悲しいと哀しいに明確な使い分けはないが、公用文などでは「悲しい」と表記し、「哀しい」は用いられない。…
ページ上部へ戻る