「パンケーキ」と「ホットケーキ」の違い

パンケーキの画像

パンケーキの「パン」は、フライパンなど、底が平らで取っ手のついた鍋のことで、パンケーキはフライパンなどで焼いたケーキの総称。
パンケーキもホットケーキも、小麦粉・卵・牛乳・砂糖・ベーキングパウダーなどを混ぜ合わせ、円形に焼いた菓子を指し、本来は同じものである。

しかし、厳密な定義はないものの、日本では、パンケーキは薄く甘さが控えめで、ベーコンやスクランブルエッグなどとと一緒に食べる、食事向きのもの。
ホットケーキは厚めで、蜂蜜やメープルシロップなどをかけて食べる、おやつやデザート向きのものと区別されている傾向がある。

ホットケーキミックスとパンケーキミックスを販売している森永製菓でも、ホットケーキは甘くて厚みのあるもの。
パンケーキは食事に合うよう砂糖不使用で、ホットケーキに比べ甘さが抑えられたものと定義されている。

海外では、どのように区別されているかといえば、区別がない。
というよりも、「パンケーキ」と呼ぶのが一般的で、「ホットケーキ」では通じない地域が多い。
そのため、ホットケーキは和製英語と言われることもあるが、「Selling like hotcakes(ホットケーキのように売れる → 飛ぶように売れる)」という慣用句がある通り、和製英語ではない。

【人気記事】
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

ページ上部へ戻る