「スパッツ」と「レギンス」「タイツ」「トレンカ」の違い

レギンスの画像

日本で「スパッツ」と呼ばれるものは、欧米では「レギンス」と呼ばれ、基本的には同じもの。
日本に「レギンス」という呼称が入る以前の「スパッツ」は、丈も膝上から足首あたりまでの様々な長さのものを指していた。

しかし、2006年頃、日本ではアウターとして着用するスパッツを売り出すために、ファッション業界が新しいファッション用語として「レギンス」を使い始めたことで、スパッツは丈が膝上までで、スポーツのトレーニング用や下着として履くもの。
レギンスは丈が膝下から足首までで、アウターとして履くものというイメージが強くなり、両者は区別されるようになっている。

スパッツもレギンスもタイツの一種であるが、単に「タイツ」といった時には、腰からつま先までを覆うものを指す。

トレンカは「トレンカレギンス」とも呼ばれるように、レギンスの一種であるため、タイツの一種でもある。
土踏まずの部分に引っ掛ける部分があり、タイツのつま先部分とかかと部分を切り取った形をしたものが、トレンカである。

ちなみに、本来のスパッツは、ほこりをよけたり、足首やすねを保護するために靴に覆うゲートル(脚絆)のことであるが、日本では誤って、伸縮性のある素材でできた足首までの長さの衣類を指すようになった。
レギンスも、元々は西洋型のゲートルの呼称で、その形状から、乳幼児用の脚にぴったりした細いズボンを指すようになり、女性ファッションに流用されたもので、呼称の変化が似ている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 蛇口の画像
    「ひねる」と「ねじる」と「よじる」は、回すという点では同じだが、回す方向や強さ、回数などに違いがある…
  2. 複雑な生い立ちの画像
    生い立ちは、「壮絶な生い立ち」「不幸な生い立ち」「生い立ちムービー」など、どのように育ったかという、…
  3. 4人体制の画像
    体制と態勢と体勢と大勢は、いずれも「たいせい」と読めるが、まったくの同音異義語である。 体制と…
  1. 製品かつ商品の画像
    商品は、商売の品物の意味で、売るため品物・販売を目的とした品物のこと。 製品は、製造された品物の意…
  2. 手錠の画像
    自首とは、犯罪事実や犯人が誰かわかっていない段階で、犯人自ら捜査機関に対して犯罪事実を申告し、処分を…
  3. 子供を叱る画像
    怒るは、「起こる」と同源で、「感情が高まる」の意味から、腹を立てること。 叱るは、目下の者の言動に…
  4. 夕暮れの夕焼け画像
    夕焼けと夕暮れの違いは、気象現象と時間帯の違いである。 夕焼けは、日没の頃、地平線に近い西の空…
  5. お問い合わせ画像
    Q&Aは「question and answer」の略で、「質問と回答」「一問一答」の意味。 企業…
ページ上部へ戻る