「カフェ」と「喫茶店」の違い

カフェ風喫茶店の画像

カフェと喫茶店の違いというと、オシャレで明るい感じの店が「カフェ」、昭和レトロな感じの店が「喫茶店」。セルフサービスや半セルフサービスの店が「カフェ」、店員が席まで運んでくれる店が「喫茶店」など、それぞれのイメージの違いを挙げられることも多い。
しかし、カフェのような印象を受ける喫茶店もあれば、喫茶店のような印象を受けるカフェもあり、見た目だけでは区別できないものである。

カフェと喫茶店の違いは、営業許可の違い。
食品営業許可を申請する際に、飲食店営業許可を取っている店が「カフェ」、喫茶店営業許可を取っている店が「喫茶店」である。

飲食店営業許可よりも喫茶店営業許可の方が許可を取りやすいが、喫茶店営業許可では、アルコールの提供や、単純な加熱以外の調理全般ができない。
そのため、喫茶店が提供できるものは、コーヒーや紅茶などの飲み物、菓子、果物、軽食などに止まるが、カフェは飲み物にアルコールを含めることができ、「カフェ飯」と呼ばれるように調理した料理を提供することもできる。

ただし、飲食店営業許可は「カフェ」、喫茶店営業許可は「喫茶店」と名乗らなければならないという決まりはないため、店名に「喫茶店」と付いていても、飲食店営業許可を取っている「カフェ」もあれば、喫茶店営業許可を取って「カフェ」を名乗っている店もある。

また、飲食店営業許可を取ったからといって、アルコールや食事を必ず提供しなければならない訳ではない。
喫茶店のように飲み物や軽食程度のメニューしかなく、「喫茶店」を名乗っていても、実は「カフェ」ということもあるのである。

関連記事

  1. 抜本的な見直しをする画像
    根本的の「根本」は、物事を成り立たせている大本や、基礎になるもののことで、根本的は、そのようなさまを…
  2. 象の家族のぶらぶら散歩画像
    「ふらふら」も「ぶらぶら」も「ぷらぷら」も、位置が定まらず揺れ動くさまをいうが、それぞれの使い方に違…
  3. 翔ぶ人の画像
    飛ぶと跳ぶは、「空中を移動する」「飛行する」「fly」の意味であれば「飛ぶ」、「空中にはね上がる」「…
  1. 炒飯の画像
    チャーハン(炒飯)は、中国料理が日本に伝わった料理。 熱した鍋に油をひき、溶き卵、炊いた白米(ご飯…
  2. 都会のホームレス画像
    「住めば都」と「住まば都」は、響きは似ているが全く意味の違う言葉である。 住めば都は、どんな不…
  3. はにわの画像
    土偶と埴輪は、どちらも古い時代の土製の焼き物だが、作られた時代や使用目的が異なり、関係性もない。 …
  4. 階段を上る画像
    「のぼる」の漢字には、「上る」と「登る」と「昇る」がある。 広く一般的に使われるのは「上る」で、「…
  5. ねじの画像
    ねじ・ボルト・ビスは、物を締め付けるために用いる、らせん状の溝があるもの。 らせん状の溝があり、回…
ページ上部へ戻る