「焼く」と「炒める」と「炒る」の違い

フランベで顔まで焼く画像

本来、焼くは火を食品に直接当てて加熱することを意味した。
最も原始的な加熱調理法であるため、火を通す際の表現として使用される範囲も広く、フライパンや鉄板などの調理器具を使う場合でも用いられるようになっている。
また、「日光で肌を焼く」「世話を焼く」「写真を焼く」など、調理以外の場面でも多く使われる。

炒めるは、加熱したフライパンや鍋などで、素早く食材を加熱する調理法のこと。

炒るは、水気がなくなるまで焦げ付かないように揺すりながら、煮詰めるように火を通す調理法のこと。

「焼く」の範囲が広いため、「炒める」との差がわからない料理も多いが、基本的には、食品の中までじっくり火を通す際には「焼く」を用い、食材をかき混ぜながら加熱する際には「炒める」を用いる。

かき混ぜる料理の中にも、焼きそばなど「焼く」の文字が入る料理もある。
焼きそばが「焼く」を使うのは、焼くの表す過熱の範囲が広いからともいえるが、かき混ぜるのは油や調味料を全体に行き渡らせるためで、加熱の際には鉄板の上に置いた状態で焼いているからともいえる。
また、「焼きそばを焼く」とも「焼きそばを炒める」とも言うように、焼きそばは「焼く」と「炒める」の中間的な料理といえる。
スポンサーリンク
【オールガイドリンク】
焼く(やく)の類語・同義語 – 類語同義語辞典
炒る(いる)の類語・同義語 – 類語同義語辞典
焼くのことわざ・慣用句 – 故事ことわざ辞典

関連記事

  1. アンドリュージョーンズのうなじ画像
    うなじは、首の後ろの部分。 襟足は、首の後ろ側の髪の生え際。 首筋は「首の筋」と書くため、首の前…
  2. 賞味期限や消費期限を確認して買う画像
    食品衛生法やJAS法(日本農林規格法)などの規定により、加工食品の多くに「賞味期限」か「消費期限」の…
  3. ざるそばの画像
    江戸時代、蕎麦はつゆにつけて食べる「そばきり(蕎麦切り)」が一般的であった。 江戸中期に入ると、最…
  1. 金粉で表現する画像
    表す(表わす)は、表に出して示す、表現する、表明するという意味。 使い方には、「気持ちを表す」「文…
  2. 遺体の画像
    死体と遺体の違いは、死者の体を物体として表現するか、人格を認めた表現にするかの違いである。 死体は…
  3. 中華そばの画像
    味や麺の種類が豊富なラーメン。 その中に「中華そば」や「支那そば」という種類があると思われやすいが…
  4. 聞く人の画像
    聞くと聴くは、意識の違いによって使い分けられる。 聞くは、「物音を聞く」「話し声が聞こえる」のよう…
  5. ハイキングの画像
    ハイキングとピクニックと遠足の違いは目的にあり、行く場所が同じであったとしても、目的によって使い分け…
ページ上部へ戻る