「油」と「脂」と「膏」の違い

油の画像

油は「氵(さんずい)」が付いているように液体で、植物性・鉱物性のあぶらを表す。
脂は「月(にくづき)」が付いているように動物性で、固体のあぶらに使われる。
これらの使い分けは、一般的なものから区別された使い分けで、例外もある。

固体・液体は常温時に判断されるものだが、動物性でも魚などの脂は液体に近い状態になり、植物性でもココナッツやカカオなどの油は常温時に固体となる。
植物性・鉱物性と動物性の違いや、固体と液体の違いを意識していない時は、「油」と書かれることが多く、顔などが脂っぽいことを表す際は、正しくは「脂ギッシュ」だが「油ギッシュ」とも書かれる。

膏も「月」が付いており、動物性を表すが、脂と全く同じ使い方ではない。
脂は皮膚や肉から出るあぶらなど、動物性のあぶらを広く表すが、膏は皮膚から出るあぶらには使わず、肉のあぶらのみに使う。
その他、軟膏を表す際に使われる程度で、表現の範囲は狭い。

ちなみに、ひびやあかぎれに効くという「ガマのあぶら」は、ガマガエルの皮膚から出た脂汗とされるが「ガマの脂」と書かず、「ガマの油」と書く。
肉のあぶらではないが、軟膏なので「ガマの膏」と書かれることはある。

関連記事

  1. 宇宙の始まり画像
    初めは、時間的に早い段階、最初、一番目などの意味の時。 英語でいえば「first」で、文法的には、…
  2. 下を見つめず空を眺める画像
    見るは、視覚によって認識することを広く意味する言葉で、前後の表現によって「見つめる」「眺める」の意味…
  3. 手を取り合う画像
    コンサートやスポーツ大会、美術展、学会などのイベントのポスターなどに明記されている、主催・協賛・協力…
  1. レギンスの画像
    日本で「スパッツ」と呼ばれるものは、欧米では「レギンス」と呼ばれ、基本的には同じもの。 日本に「レ…
  2. 注意する画像
    留意も注意も用心も、気をつけることを意味するが、使える場面と使えない場面、ニュアンス、気をつける程度…
  3. 肛門クリニックの画像
    医療法で医療機関は、病院と診療所に分けられる。 医院やクリニックは、医療機関の施設に付けられる呼称…
  4. 長崎原爆のキノコ雲画像
    人類史上、実戦で核兵器が使用されたのは、1945年8月6日に広島へ投下された原子爆弾(以下、「原爆」…
  5. トレッキングの画像
    登山とトレッキングとハイキングは、それぞれに目的が異なるため、要する時間や道具も異なる。 登山…
ページ上部へ戻る