「早い」と「速い」の違い

速い犬の画像

速いは、ある動作を完了するのに要する時間が短い、一定時間に動く距離・働く量が大きい、すみやかであるといった意味で用いる。

早いは、「朝が早い」「早いうちに手を打つ」など、ある基準より時間・時期が前である、始まってからあまり時間が経っていないといった意味。
「諦めるにはまだ早い」「結婚にはまだ早い」など、まだその時刻・時期ではないという意味で用いる。

「足が速い」と書けば、走る(歩く)スピードが速いという意味になるが、「足が早い」と書けば、あまり時間が経っていないという意味の「早い」なので、食物などが腐りやすい、売れ行きがよいといった意味になる。
「速い電車」と書けば、普通電車より到着までの時間が短い、特急などの電車のことで、「早い電車」と書けば、朝早くに出発する電車のことになる。

「時間が経つのがはやい」の「はやい」は、「早い」と書かれることが多いが、正しくは「時間が経つのが速い」。
早いは、始まってからの時間の経過が短いという意味で使うが、ある基準より時間・時期が前の方という意味である。
「時間が経つのがはやい」の「はやい」が表しているのは、要した時間が短いという意味なので、「時間が経つのが速い」と書く。
つまり、時刻が前である場合は「早い」、時間が短い場合は「速い」を使う。

時間が短いといった意味では、「話が早い」や「回復が早い」など、「早い」を使う場合もある。
「話が早い」や「回復が早い」は、速度を表しているようにも感じるが、手っ取りばやい、短い時間で済むといった、ある時間よりも前になるという意味なので、「早い」を使う。

本来の意味からすれば「速」の字を使いそうな場合でも、「早口」「早業」などは「早」が使われており、使い分けが難しいこともあるが、明らかに速度を表す場合を除き、多くは、慣用として「早い」が使われるため、微妙な違いに注意をし過ぎないほうがよい。

関連記事

  1. 容疑者逮捕の瞬間画像
    ニュースなどの報道では、警察から犯罪の疑いをかけられた人を「容疑者」という。 これを司法手続きや法…
  2. 醤油を注ぐ画像
    一般的に「醤油」といえば、江戸時代以降、関東を中心に使われてきた「濃口醤油」を指し、醤油生産量の8割…
  3. 雹の画像
    「雹(ひょう)」も「霰(あられ)」も、空から降ってくる氷の粒だが、一番の違いは大きさにある。 ひょ…
  1. 恋愛の画像
    恋は自分本位で、愛は相手本位。 恋は一時的で、愛は永遠。 恋はときめきで、愛は信頼。 恋は心配…
  2. お問い合わせ画像
    Q&Aは「question and answer」の略で、「質問と回答」「一問一答」の意味。 企業…
  3. 香水の画像
    香水は、香料をアルコールで溶かした液体。 化粧品業界では、香料濃度(賦香率)の高い順に、パルファム…
  4. 倉敷川の画像
    「川」の字は、地の間を縫って流れる普通の川を表した象形文字で、一般的には「川」と書く。 「河」の原…
  5. 階段の画像
    ランク(rank)は、順位や等級、順位をつけること。 レベル(level)は、水準や段階。 グレ…
ページ上部へ戻る