「怖い」と「恐い」と「強い」の違い

怖い墓地の画像

怖いと恐いは、ともに、悪い結果が予想され、不安である、近寄りたくない、身がすくむ。また、不思議な力がありそうで不気味であるといった意味で使われる。
「怖い」と「恐い」に意味の違いがないため、「怖い」と「恐い」には使い分け方もない。
ただし、私的な文章では「怖い」と「恐い」のどちらを使っても問題ないが、「恐い」は常用漢字外であるため、公用文では「怖い」を使わなければならない。

「恐い」を別の読み方をすると「恐ろしい」になる。
「怖い」は心情を主観的に表し、「恐ろしい」は客観的に表す言葉であるため、主観的な時には「怖い」、客観的な時には「恐い」という使い分け方をいわれることもある。
しかし、「怖い」と「恐ろしい」の比較は、常用漢字外である「恐い」を使わず、常用漢字の「怖い」と「恐ろしい」を比較したものであり、「怖い」には「恐い」も含まれている。
つまり、「怖い」と「恐ろしい」の違いは、「恐い」と「恐ろしい」の違いでもあるため、それを元に「怖い」と「恐い」の使い分けを考えることはナンセンスである。

強いは、「つよい」とも読み、「手強い(てごわい)」という言葉もあるように、力強い、強情である、かたい、ごわごわしているといった意味で使う。
「怖い・恐い」と「強い」では意味が異なるが、元々、「こわい」は「かたい」という意味で、そこから「つよい」の意味が生まれ、「つよい」から「近寄りたくない」といった感情を表すようになったもので、「怖い」も「恐い」も「強い」も語源は同じである。

関連記事

  1. 目的別貯金箱の画像
    節約も倹約も、無駄を省いて切り詰めることを意味するが、対象範囲は異なり、「経費の節約」「電気の節約」…
  2. 日本で単に「鹿」という時は、シカ科シカ属のニホンジカを指す。 トナカイもシカ科の動物で鹿の仲間に違…
  3. 運勢を見る画像
    宿命の「宿」は「宿る」ではなく、「前世からの」という意味で、前世から定まっている運命のこと。 運命…
  1. 生コンの画像
    セメントは、石灰石や粘土などを焼成し、粉砕した灰白色の粉末。 無機質接着剤の総称であるが、普通、「…
  2. 砂・土を掘る犬の画像
    砂は、細かく砕けた岩石の粒で、地質学では粒径2mm以下、16分の1mm以上のものをいう。 サンゴや…
  3. はにわの画像
    土偶と埴輪は、どちらも古い時代の土製の焼き物だが、作られた時代や使用目的が異なり、関係性もない。 …
  4. レッドリボンの画像
    HIVは、「Human Immunodeficiency Virus」の略で、ヒト免疫不全ウイルスと…
  5. カラフルな羽根の画像
    鳥類学では「羽」と「羽根」を使い分けておらず、全て「羽」と表記するが、一般には「羽」と「羽根」の表記…
ページ上部へ戻る