「怖い」と「恐い」と「強い」の違い

怖い墓地の画像

怖いと恐いは、ともに、悪い結果が予想され、不安である、近寄りたくない、身がすくむ。また、不思議な力がありそうで不気味であるといった意味で使われる。
「怖い」と「恐い」に意味の違いがないため、「怖い」と「恐い」には使い分け方もない。
ただし、私的な文章では「怖い」と「恐い」のどちらを使っても問題ないが、「恐い」は常用漢字外であるため、公用文では「怖い」を使わなければならない。

「恐い」を別の読み方をすると「恐ろしい」になる。
「怖い」は心情を主観的に表し、「恐ろしい」は客観的に表す言葉であるため、主観的な時には「怖い」、客観的な時には「恐い」という使い分け方をいわれることもある。
しかし、「怖い」と「恐ろしい」の比較は、常用漢字外である「恐い」を使わず、常用漢字の「怖い」と「恐ろしい」を比較したものであり、「怖い」には「恐い」も含まれている。
つまり、「怖い」と「恐ろしい」の違いは、「恐い」と「恐ろしい」の違いでもあるため、それを元に「怖い」と「恐い」の使い分けを考えることはナンセンスである。

強いは、「つよい」とも読み、「手強い(てごわい)」という言葉もあるように、力強い、強情である、かたい、ごわごわしているといった意味で使う。
「怖い・恐い」と「強い」では意味が異なるが、元々、「こわい」は「かたい」という意味で、そこから「つよい」の意味が生まれ、「つよい」から「近寄りたくない」といった感情を表すようになったもので、「怖い」も「恐い」も「強い」も語源は同じである。
スポンサーリンク
【オールガイドリンク】
怖い・恐い・強いの意味・語源・由来 – 語源由来辞典
怖い(こわい)の類語・同義語 – 類語同義語辞典
恐い(こわい)の類語・同義語 – 類語同義語辞典
強い(こわい)の類語・同義語 – 類語同義語辞典

関連記事

  1. フランベで顔まで焼く画像
    本来、焼くは火を食品に直接当てて加熱することを意味した。 最も原始的な加熱調理法であるため、火を通…
  2. 日本の美意識わびさびの画像
    わびとさびは、日本独特の美意識を表す言葉で、「わびさび」とひと言で言うことも多いが、本来は異なる概念…
  3. 進呈画像
    進呈・贈呈・謹呈・献上は、いずれも、人に物を差し上げることを意味する。 進呈と贈呈の使い分け方…
  1. 青田の画像
    青田買いと青田刈りは、企業が優秀な人材確保のため、新入社員採用期間よりも早く、卒業見込みの学生や生徒…
  2. アンドリュージョーンズのうなじ画像
    うなじは、首の後ろの部分。 襟足は、首の後ろ側の髪の生え際。 首筋は「首の筋」と書くため、首の前…
  3. 言い訳をする画像
    言い訳と申し訳と弁解と弁明と釈明は、いずれも失敗や過失の事情を説明し、謝罪や責任の回避・軽減をしよう…
  4. トレッキングの画像
    登山とトレッキングとハイキングは、それぞれに目的が異なるため、要する時間や道具も異なる。 登山…
  5. 食べ放題の画像
    コース料理とは異なり、並んだ料理から好きなものを取って食べる形式・食べ放題のことを、「ビュッフェ(ス…
ページ上部へ戻る