「寿司」と「鮨」と「鮓」の違い

気仙沼の鮨智の寿司画像

すしの漢字には「寿司」と「鮨」と「鮓」がある。

最も古い表記は「鮓」で、元々は塩や糟などに漬けた魚や、発酵させた飯に魚を漬け込んだ保存食を意味した漢字であるため、発酵させて作るすしを指し、馴れずしが当てはまる。
「鮓」の漢字は、鯖鮓や鮎鮓、鮒鮓などで使われるため、関西系のすしに用いられる傾向にある。

「鮓」の次に古い表記は「鮨」で、中国では「魚の塩辛」を意味する漢字であったが、「鮓」と混同され、すしを表すようになった。
「鮨」の漢字は、握り鮨、押し鮨、棒鮨など馴れずし以外のすしに使われ、現代で最も一般的な「すし」は握り鮨(江戸前)であるため、江戸前系のすしに多く用いられる傾向にある。

「寿司」は江戸時代に縁起担ぎで作られた当て字で、「寿を司る」の意味から、もしくは、賀寿の祝いの言葉の「寿詞」に由来するといわれる。
かっぱ巻き、稲荷寿司、手巻き寿司、五目寿司など、ネタに魚を使わないすしには「鮨」や「鮓」の漢字は適していないが、「寿司」は当て字であるため、ネタの種類を問わず使える。
また、すしの種類も問わず使えることや、縁起担ぎの意味もあり、現在、「寿司」が最も一般的な表記として使われている。

関連記事

  1. 図書館の辞典画像
    事典や字典を含めた総称として「辞典」や「辞書」と呼ぶ場合もあるが、「辞」「事」「字」のそれぞれの文字…
  2. 松葉ガニと越前ガニの画像
    一般に流通しているズワイガニには、ズワイガニ(別名:本ズワイガニ)・オオズワイガニ・ベニズワイガニが…
  3. 怖い墓地の画像
    怖いと恐いは、ともに、悪い結果が予想され、不安である、近寄りたくない、身がすくむ。また、不思議な力が…
  1. 悪臭を消す画像
    芳香とは良い香り・アロマのことで、芳香剤は良い香りを放つ効果のある薬剤。 消臭とは不快な臭いを消す…
  2. 高速道路の画像
    高速道路の休憩施設には、サービスエリア(SA)とパーキングエリア(PA)があり、パーキングエリアより…
  3. うんざりする画像
    煩わしい・面倒・厄介は、手間がかかったり神経を使ったりして、気が重くなる様子を意味する点では共通し、…
  4. 2月29日0時前の画像
    うるう年とは、太陽暦と地球の自転速度が一致せず、調整するために1年を366日とする年のこと。 平年…
  5. パフェの画像
    パフェは背の高いグラスに入れられ、サンデーは平たい皿に入れられると言われるが、平たい皿に盛られたパフ…
ページ上部へ戻る