「上白糖」と「グラニュー糖」と「三温糖」の違い

砂糖の画像

日本で「砂糖」と言えば「上白糖」を指し、消費の半分以上を占めているが、上白糖を使用するのはほぼ日本のみ。
世界で最も一般的な砂糖は、グラニュー糖である。

砂糖の主原料は、サトウキビやテンサイ。
この原料を洗浄・濃縮し、不純物を排除して加熱精製することで、ブドウ糖と果糖が結合し、結晶化したショ糖が抽出される。

ショ糖の純度が最も高いのがグラニュー糖で、その割合は99.9%。
甘さにクセがなく淡泊で、サラサラしていて溶けやすいため、コーヒーや紅茶などに使用される。
また、上白糖に比べて焦げ付きにくいため、ケーキ・焼き菓子を作る際にはグラニュー糖が適している。

上白糖の製造工程は、ショ糖が抽出されるまではグラニュー糖と同じだが、最終工程で1.3%程度の転化糖(ショ糖を果糖とブドウ糖に加水分解したもの)がまぶせられる。
転化糖が含まれているため、表面に水分が保たれ、しっとりとした感触になる。
グラニュー糖のように淡泊過ぎず、三温糖のように濃厚過ぎないため、料理で幅広く使用される。

三温糖は、純度が高いグラニュー糖や上白糖を精製した後に残った糖蜜を数回加熱したもの。
この加熱により、カルメラ成分が形成され、薄茶色になる。
3つの中で最もショ糖の糖度が低いの三温糖だが、人間の味覚は純度の高い単調なものよりも、雑味が加わった方が味を強く感じるため、濃厚な甘さと独特の風味を感じるのは三温糖である。
強い甘みとコクを活かし、煮物などに使用される。

三温糖は、ミネラルが豊富で体に良いといわれることもあるが、グラニュー糖と上白糖と比べれば、ミネラルを含む割合がわずかに高いというだけである。
ミネラルを摂取することが目的であれば、野菜や海藻から摂取した方が効率が良い。

また、漂白していない三温糖の方が体に良いと誤解している人もいるが、白砂糖(上白糖など)が白いのは漂白剤や染料を使っているためではない。
不純物を取り除いた砂糖は無色透明の結晶で、雪が白く見えるのと同様に、光の乱反射によって白く見えるのである。
スポンサーリンク

関連記事

  1. 雑炊の画像
    おかゆは、ご飯と同じ要領で、水の分量を多くし、米から炊いたもの。 消化が良いことから、離乳食や病人…
  2. 富士山麓に茶畑画像
    日本茶(緑茶)の中で、最もよく飲まれているのが煎茶である。 煎茶は、新芽を摘んで蒸して揉み、乾燥し…
  3. ゴルフ場の画像
    ゴルフ場の名称に付く「ゴルフクラブ(GC)」と「カントリークラブ(CC)」には明確な違いがあるが、ア…
  1. 郵便貯金と銀行預金の画像
    金融機関にお金を預けることを「預金」「貯金」「貯蓄」などと言い、同義に扱われるが、それぞれが表す意味…
  2. 刀を持つおじさんの画像
    おじさんの漢字表記には、「伯父さん」「叔父さん」「小父さん」がある。 いずれも同源だが、対象が違え…
  3. 節分の赤鬼と青鬼画像
    節分には、鬼に豆をぶつける「豆まき」の行事が行われる。 鬼の色は、赤色や青色が一般的だが、他に、黄…
  4. 炒り卵の画像
    スクランブルエッグを「洋風炒り卵」とも呼ぶように、スクランブルエッグは炒り卵の一種であるが別の食べ物…
  5. 食べ放題の画像
    コース料理とは異なり、並んだ料理から好きなものを取って食べる形式・食べ放題のことを、「ビュッフェ(ス…
ページ上部へ戻る