「レバニラ炒め」と「ニラレバ炒め」の違い

レバニラ炒めの画像

レバニラ炒めとは、牛や豚のレバーを、ニラやショウガなどと炒め、塩・醤油・コショウなどで味つけした中華料理。
ニラレバ炒めは、レバニラ炒めのことで、全く同じ料理。
「レバニラ」「ニラレバ」という順番の違いで、作り方や材料が変わるわけでもない。

どちらが一般的で、どちらが正しい呼び方かと言えば、一般的な呼称は「レバニラ炒め」だが、本来は「ニラレバ炒め」といわれる。

中国語では「韮菜炒牛肝」と「ニラレバ」の順になっており、中国語に従えば「ニラレバ炒め」である。
また、レバーの炒め物にニラがトッピングされたもので、「レバー入りニラ炒め」ではなく「ニラ入りレバー炒め」であるため、「ニラレバ炒め」の方が正しいといえる。

「レバニラ炒め」が一般的な呼称になったのは、「天才バカボン」の影響によるもので、バカボンのパパの好物が「レバニラ炒め」であったためといわれている。
テレビアニメ「天才バカボン」の中で「レバニラ」がタイトルに使われた話には、1971年11月20日放送第9回第18話の「ごちそうはレバニライタメなのだ」がある。
この説が正しいという確証はないが、昔は「レバニラ炒め」と呼ばず「ニラレバ炒め」と呼ぶのが一般的であったとすれば、「天才バカボン」の影響も少なからずあったと考えられる。

ちなみに、餃子の王将では「ニラレバ炒め」、大阪王将では「レバニラ炒め」、餃子の王さまでは「ニラレバいため」という名で提供されている。
スポンサーリンク
【あわせて読みたい】
「モツ」と「ホルモン」の違い
「餃子の王将」と「大阪王将」と「餃子の王さま」の違い
スポンサーリンク

関連記事

  1. 崖を飛び越える画像
    越えるは、物の上や障害、境界などを通り過ぎて向こうへ行くことや、時を経過することを表す際に用いる。 …
  2. 由布院金鱗湖の画像
    大分県の温泉地で有名な「ゆふいん」の漢字表記には、「湯布院」と「由布院」がある。 温泉を指すのであ…
  3. 声楽家の画像
    歌手といえば、日本では歌謡曲の歌手のイメージが強いが、オペラ歌手・声楽家も含み、歌を歌うことを職業に…
  1. 考えるゴリラの画像
    「問題の答えを考える」とは言っても「問題の答えを思う」とは言わないように、考えるは筋道を立てて知的に…
  2. 問題に頭を抱える画像
    問題と課題の違いは、「解答を求める問い」か「課する(課せられる)テーマ」かの違い。 試験問題や数学…
  3. 最新エコカーの画像
    ハイブリッドカーの「ハイブリッド」は「混合」という意味。 ガソリンエンジンと電気モーターなど、2つ…
  4. トリのステージ画像
    トリは、寄席で最後に出演する人をいう寄席用語。 語源は「取り」で、最後の演者がギャラをまとめて受け…
  5. 象の家族のぶらぶら散歩画像
    「ふらふら」も「ぶらぶら」も「ぷらぷら」も、位置が定まらず揺れ動くさまをいうが、それぞれの使い方に違…
ページ上部へ戻る