「アヤメ」と「ショウブ」と「カキツバタ」の違い

花菖蒲の画像

アヤメとカキツバタは、共にアヤメ科アヤメ属の植物で、「いずれ菖蒲か杜若」という諺もあるように見た目も似ている。
ショウブはサトイモ科で、アヤメやカキツバタと別種であるため見分けはつきやすいが、漢字では「アヤメ」と同じ「菖蒲」と書く。
また、古語で「アヤメ」といえば、「ショウブ」のことを指す。
更に、アヤメ科アヤメ属には「ハナショウブ(花菖蒲)」があり、見た目はアヤメやカキツバタと似ている。
ハナショウブは「ショウブ」とも呼ばれるため、サトイモ科のショウブと区別しにくく、アヤメの漢字表記「菖蒲」とも同じになる。
また、ハナショウブを指して「アヤメ」と呼ぶことも多い。
このように、アヤメ・ショウブ・カキツバタ・ハナショウブは、非常に混同しやすい植物である。

「菖蒲」という漢字表記や、アヤメ科の「(ハナ)ショウブ」という呼称上の類似点を除けば、この中で一番見分けやすいのは、サトイモ科のショウブである。
ショウブは、小川や池などの水辺に生え、5月頃に花を咲かせる。
花は、長剣状の葉の間につける黄緑色の小さな花で、アヤメ科の植物とは区別がつきやすい。
端午の節句に根や葉を風呂に入れて沸かす「菖蒲湯」で使われるショウブは、ハナショウブではなく、サトイモ科のショウブの方である。

アヤメとカキツバタとハナショウブは、以下の特徴から見分けられる。

アヤメは、日当たりの良い乾燥した草地に生え、高さは30~60cm。
開花時期は5月上中旬。花弁の根元に黄色の網目模様がある。
葉は細く、葉脈は目立たない。

カキツバタは、湿地に生え、高さは50~70cm。
開花時期は5月中下旬。アヤメよりも濃い紫色の花で、花弁の根元に白い細長の模様がある。
葉は幅広く、葉脈は目立たない。

ハナショウブは、主に湿地に生えるが、やや乾燥した土地でも生え、高さは80~100cm。
開花時期は5月下旬~6月。花の色や花の形は様々で、花弁の根元に黄色い細長の模様がある。
葉の中央に葉脈がくっきりと見える。
スポンサーリンク
【オールガイドリンク】
カキツバタの意味・語源・由来 – 語源由来辞典
アヤメの類語・同義語 – 類語同義語辞典
カキツバタの類語・同義語 – 類語同義語辞典
アヤメ・菖蒲のことわざ・慣用句 – 故事ことわざ辞典
カキツバタ・杜若のことわざ・慣用句 – 故事ことわざ辞典

関連記事

  1. マークシート用紙の画像
    OCRとは、「optical character reader」の略。 手書きもしくは印刷された文…
  2. 重症患者が搬送された画像
    重症は、病気や症状が重いことで、対義語は「軽症」。 重傷は、傷の程度が重いことで、対義語は「軽傷」…
  3. 肛門クリニックの画像
    医療法で医療機関は、病院と診療所に分けられる。 医院やクリニックは、医療機関の施設に付けられる呼称…
  1. 光に映る影の画像
    影は、光が物体に遮られて、光源と反対側に現れる暗い部分。 陰は、物に遮られ、日光や風雨が当たらない…
  2. 不倫現場画像
    浮気も不倫も、パートナーがありながら、他の異性にひかれ関係をもつことをいい、厳密な意味の違いはないが…
  3. 口紅の画像
    口紅は、唇に塗る化粧品で、日本で最も一般的な表現である。 名前の通り、色は紅色が中心であるが、現在…
  4. 野菜を調理し料理を作る画像
    調理も料理も同じ意味で使われる言葉だが、調理よりも料理の方が意味は広い。 調理には、「物事をと…
  5. 夜の道頓堀画像
    関西は、関東に対して「逢坂の関(現在の滋賀県大津市)」から西を指す名称で、大阪府・京都府・兵庫県・滋…
ページ上部へ戻る