「アヤメ」と「ショウブ」と「カキツバタ」の違い

花菖蒲の画像

アヤメとカキツバタは、共にアヤメ科アヤメ属の植物で、「いずれ菖蒲か杜若」という諺もあるように見た目も似ている。
ショウブはサトイモ科で、アヤメやカキツバタと別種であるため見分けはつきやすいが、漢字では「アヤメ」と同じ「菖蒲」と書く。
また、古語で「アヤメ」といえば、「ショウブ」のことを指す。
更に、アヤメ科アヤメ属には「ハナショウブ(花菖蒲)」があり、見た目はアヤメやカキツバタと似ている。
ハナショウブは「ショウブ」とも呼ばれるため、サトイモ科のショウブと区別しにくく、アヤメの漢字表記「菖蒲」とも同じになる。
また、ハナショウブを指して「アヤメ」と呼ぶことも多い。
このように、アヤメ・ショウブ・カキツバタ・ハナショウブは、非常に混同しやすい植物である。

「菖蒲」という漢字表記や、アヤメ科の「(ハナ)ショウブ」という呼称上の類似点を除けば、この中で一番見分けやすいのは、サトイモ科のショウブである。
ショウブは、小川や池などの水辺に生え、5月頃に花を咲かせる。
花は、長剣状の葉の間につける黄緑色の小さな花で、アヤメ科の植物とは区別がつきやすい。
端午の節句に根や葉を風呂に入れて沸かす「菖蒲湯」で使われるショウブは、ハナショウブではなく、サトイモ科のショウブの方である。

アヤメとカキツバタとハナショウブは、以下の特徴から見分けられる。

アヤメは、日当たりの良い乾燥した草地に生え、高さは30~60cm。
開花時期は5月上中旬。花弁の根元に黄色の網目模様がある。
葉は細く、葉脈は目立たない。

カキツバタは、湿地に生え、高さは50~70cm。
開花時期は5月中下旬。アヤメよりも濃い紫色の花で、花弁の根元に白い細長の模様がある。
葉は幅広く、葉脈は目立たない。

ハナショウブは、主に湿地に生えるが、やや乾燥した土地でも生え、高さは80~100cm。
開花時期は5月下旬~6月。花の色や花の形は様々で、花弁の根元に黄色い細長の模様がある。
葉の中央に葉脈がくっきりと見える。
スポンサーリンク
【オールガイドリンク】
カキツバタの意味・語源・由来 – 語源由来辞典
アヤメの類語・同義語 – 類語同義語辞典
カキツバタの類語・同義語 – 類語同義語辞典
アヤメ・菖蒲のことわざ・慣用句 – 故事ことわざ辞典
カキツバタ・杜若のことわざ・慣用句 – 故事ことわざ辞典

関連記事

  1. 俳句を詠む人の画像
    俳句と川柳は、共に五・七・五の十七音を定型とした短詩で、江戸時代に連歌から分岐し、娯楽性・遊戯性を高…
  2. 交代する画像
    交代と交替は、役目や位置などを入れかえること、また、入れかわることで、同じ意味を表す言葉である。 …
  3. 冷麦・素麺の画像
    本来、ひやむぎ(冷麦)とそうめん(素麺)は、製法が違うものである。 うどんを細く切ったものを「切り…
  1. 対称的のようで対照的な人を対象にした画像
    対象と対照と対称の使い分けは、英語にすると分かりやすい。 対象とは、行為が向けられる目標や相手…
  2. 水に飛び込む画像
    経験も体験も、実際に見聞きしたり、やったりするなど、何事かに直接ぶつかることをいう。 経験は、…
  3. 石を避ける画像
    「避ける」には、「さける」と「よける」の読み方がある。 「さける」も「よける」も、好ましくない対象…
  4. 炒り卵の画像
    スクランブルエッグを「洋風炒り卵」とも呼ぶように、スクランブルエッグは炒り卵の一種であるが別の食べ物…
  5. 天国へ旅立つ画像
    心肺停止とは、心臓も呼吸(肺の動き)も停止した状態。心音と呼吸の有無の確認でわかるため、誰でも心肺停…
ページ上部へ戻る