「温泉」と「鉱泉」の違い

猿が温泉に浸かる画像

地下水が自然に地表に湧き出ているところや、その湧き出た水を「泉」という。
泉の中でも水温が高いものを「温泉」と呼び、高くないものは「鉱泉」や「冷泉」と呼ばれる。
「温泉」と呼ばれる水温の境界線は国によって異なり、日本では25度以上、アメリカでは21.1度以上、ドイツでは20度以上で、これより低いものが「鉱泉」「冷泉」である。
上記のままであれば、25度未満の湧水は温泉でないことになるが、水温が低い温泉も存在する。

昭和23年(1948年)に施行された温泉法の定義では、治癒成分が含まれていなくても25度以上であるか、水温が低くても塩分・鉄分・硫黄など19種類の鉱物質のうち、いずれかひとつでも含有量が限界値以上であればよく、広義には鉱泉も温泉である。
しかし、「温泉」といえば温かいものと考えるのが普通であるため、一般的には鉱泉の中でも25度以上を「温泉」と呼び、25度未満を「鉱泉」や「冷泉」と呼び分けられているのである。

また、泉温(鉱泉が地上に湧き出たときの温度)によって細かく分類する際は、25度未満は「冷鉱泉」、25度以上34度未満は「低温泉(微温泉)」、34度以上42度未満は「温泉」、42度以上を「高温泉」と呼ぶ。

関連記事

  1. すだれの画像
    簾(すだれ)は、材料に細く割った竹や葦(ヨシ)などを並べて糸で編んだもので、日よけや目隠しなどの目的…
  2. 木材の画像
    木材と材木は、切断して建築物や製品の材料に用いられる木を指し、置き換え可能な熟語である。 しかし、…
  3. 気象衛星から見た台風の画像
    気象衛星ひまわりは、日本の気象観測用人工衛星の愛称。 雲や風、海面温度などの気象観測をする。 気…
  1. レンタカーの鍵を渡す画像
    レンタルは、レンタルビデオやレンタカー、レンタルルーム、日用品のレンタルなど種類は豊富。 レンタル…
  2. 孤独な通夜の画像
    通夜は、死者を葬る前に親族・知人などが遺体のそばで過ごし、供養したり、別れを惜しんだりすること。 …
  3. フランベで顔まで焼く画像
    本来、焼くは火を食品に直接当てて加熱することを意味した。 最も原始的な加熱調理法であるため、火を通…
  4. ジッパーの画像
    「ファスナー」も「ジッパー」も「チャック」も全て同じ物を指し、違うのはその呼称が使用される国と起源で…
  5. 砂糖の画像
    日本で「砂糖」と言えば「上白糖」を指し、消費の半分以上を占めているが、上白糖を使用するのはほぼ日本の…
ページ上部へ戻る