「温泉」と「鉱泉」の違い

猿が温泉に浸かる画像

地下水が自然に地表に湧き出ているところや、その湧き出た水を「泉」という。
泉の中でも水温が高いものを「温泉」と呼び、高くないものは「鉱泉」や「冷泉」と呼ばれる。
「温泉」と呼ばれる水温の境界線は国によって異なり、日本では25度以上、アメリカでは21.1度以上、ドイツでは20度以上で、これより低いものが「鉱泉」「冷泉」である。
上記のままであれば、25度未満の湧水は温泉でないことになるが、水温が低い温泉も存在する。

昭和23年(1948年)に施行された温泉法の定義では、治癒成分が含まれていなくても25度以上であるか、水温が低くても塩分・鉄分・硫黄など19種類の鉱物質のうち、いずれかひとつでも含有量が限界値以上であればよく、広義には鉱泉も温泉である。
しかし、「温泉」といえば温かいものと考えるのが普通であるため、一般的には鉱泉の中でも25度以上を「温泉」と呼び、25度未満を「鉱泉」や「冷泉」と呼び分けられているのである。

また、泉温(鉱泉が地上に湧き出たときの温度)によって細かく分類する際は、25度未満は「冷鉱泉」、25度以上34度未満は「低温泉(微温泉)」、34度以上42度未満は「温泉」、42度以上を「高温泉」と呼ぶ。
スポンサーリンク
【あわせて読みたい】
「軟水」と「硬水」の違い
スポンサーリンク
【オールガイドリンク】
温泉(おんせん)の類語・同義語 – 類語同義語辞典

関連記事

  1. 居眠りの画像
    「居眠り」と「うたた寝」の違いは、体勢の違いである。 居眠りの「居」の字には、「座る」や「そこ…
  2. 紹興酒の甕画像
    日本の中華料理店では、紹興酒を頼んでも老酒(ラオチュウ)を頼んでも、紹興酒が出てくることが多いが、老…
  3. 絶対にできる画像
    絶対と絶体は、全く意味の異なる言葉。 「ぜったいぜつめい」は「絶体絶命」としか表記しないが、「絶体…
  1. 代表取締役社長の画像
    会社のトップは「代表取締役社長」のことが多が、「代表取締役」と「社長」は異なる定義による呼称で、「代…
  2. UFOを追及する画像
    追求と追及と追究は、いずれも「ついきゅう」と読み、追いかけるという点では共通するが、意味は大きく異な…
  3. ビスケットの画像
    クッキーとビスケットは区別する基準が曖昧で、「違いがある」と言えばある、「違いがない」と言えばないな…
  4. 木材の画像
    木材と材木は、切断して建築物や製品の材料に用いられる木を指し、置き換え可能な熟語である。 しかし、…
  5. 神室町商店heat店主誕生日会画像
    生誕と誕生は、どちらも「生まれること」を表す言葉であるが、使われる対象や場面に違いがある。 誕…
ページ上部へ戻る