「モツ」と「ホルモン」


モツとホルモンは、牛・豚・鶏などの内臓を料理の材料として使う際に表す言葉で、基本的には同じものを指すが、使われる料理に違いがある。

モツは「臓物」の略で、全国的には「モツ」が多く使われ、「もつ鍋」や「もつ煮」など料理名に使われるのも「モツ」が多い。

ホルモンの語源は諸説あるが、焼肉で内臓を食べるようになったのは、関西発祥の「ホルモン焼き」からである。
そのため、関西では「モツ」よりも「ホルモン」の呼称が多く使われ、全国的には焼き肉屋など、焼いて食べるための牛や豚の腸を「ホルモン」と呼ぶことが多い。

このようなことから、モツは内臓全般を指し、ホルモンは牛や豚の腸を指すともいわれる。
しかし、焼き肉では「レバー(肝臓)」や「ハツ(心臓)」などと分けて表現されるため、腸を「ホルモン」というだけで、広義には内臓全般を指し、狭義には腸、特に小腸を指すことは、モツもホルモンも同じである。

関連リンク

ランダム 今見られているページ
  1. 「リンス」「コンディショナー」「トリートメント」

  2. 「記入」「記載」「記述」

  3. 「慎む」と「謹む」

  4. 「ツナ」と「シーチキン」

  5. 「初め」と「始め」

  1. 「十分」と「充分」

  2. 「出生地(生まれ)」「出身地」「地元」「故郷」

  3. 「退職願」「退職届」「辞表」

  4. 「霧(きり)」「靄(もや)」「霞(かすみ)」

  5. 「鷹(タカ)」「鷲(ワシ)」「鳶(トビ)」

  6. 「児童」「生徒」「学生」

  7. 「盛り蕎麦」「ざる蕎麦」「せいろ蕎麦」

  8. 「進呈」「贈呈」「謹呈」「献上」

  9. 「たらこ」と「明太子」

  10. 「バカ」と「アホ」

おすすめ

  1. 「思う」と「考える」

  2. 「竹」と「笹」

  3. 「ラーメン」「中華そば」「支那そば」

  4. 「記入」「記載」「記述」

  5. 「上る」「登る」「昇る」

  6. 「つくね」と「つみれ」

  7. 「和牛」と「国産牛」

  8. 「共同」「協同」「協働」

  9. 「夏日」「真夏日」「猛暑日」「酷暑日」「熱帯夜」

  10. 「トナカイ」と「鹿」

TOP