「遵守」と「順守」の違い

コンプライアンスの画像

遵守も順守も「じゅんしゅ」と読み、法律や道徳・決まりなどに従い、それを守ることを意味し、「法令遵守」「法令順守」の形で多く使われる。
一般には「遵守」と「順守」のどちらを使っても間違いではなく、「遵」も「順」も常用漢字である。
しかし、公用文や教科書では「遵守」と表記し、新聞やテレビでは「順守」の表記が使われている。
これには次のような理由がある。

元々の表記は「遵守」であったが、昭和29年3月15日の国語審議会の「当用漢字表審議報告」の中で、当用漢字表から削除する字として「且」「但」「又」など28字が候補として挙げられ、その中に「遵」の字が含まれていた。
日本新聞協会では、この当用漢字補正資料に基づいて、「遵」の代用として「順」の字を使うようになり、「順守」と表記するようになった。

しかし、この削除案は案のままで終わり、昭和56年に当用漢字表が廃止され、常用漢字表となった際にも「遵」の字は残っていた。
新聞協会では、国語審議会から常用漢字が告示されるまでの25年以上、代用として「順守」を採用していた経緯もあって、継続して「順守」を採用することにした。
当用漢字補正資料の削除案は案であり、当用漢字表から「遵」の字が削除されたわけではなかったため、公用文や教科書では「遵守」が使い続けられていた。

このようなことから、公用文や教科書では「遵守」、新聞やテレビでは「順守」と表記が分かれるようになったのである。

法律に従って背かないという意味の「じゅんぽう」にも、「遵法」と「順法」の二通りの表記があり、「遵守」「順守」と同じ理由で、公用文や教科書では「遵法」、新聞やテレビでは「順法」が使われている。

関連記事

  1. お問い合わせ画像
    Q&Aは「question and answer」の略で、「質問と回答」「一問一答」の意味。 企業…
  2. お彼岸の画像
    春のお彼岸は、春分の日を中日とし、前後3日を合わせた7日間。 秋のお彼岸は、秋分の日を中日とし、前…
  3. 象の家族のぶらぶら散歩画像
    「ふらふら」も「ぶらぶら」も「ぷらぷら」も、位置が定まらず揺れ動くさまをいうが、それぞれの使い方に違…
  1. コック帽の画像
    コックは、西洋料理や中華料理の料理人のこと。 オランダ語の「kok」に由来し、英語では「cook」…
  2. 仙台のマンション画像
    マンションは中高層の集合住宅で、アパートは低層の集合住宅というイメージだが、建築基準法でも宅地建物取…
  3. 整理整頓された資料の画像
    整理と整頓は、乱れたものを整えるという共通した意味をもち、ひとまとめに「整理整頓」と使われることが多…
  4. ゆく年くる年の画像
    「昨年」「去年」「前年」「旧年」は、いずれも今年の前の年を表す言葉だが、場面に応じた使い分けが必要で…
  5. 気仙沼の鮨智の寿司画像
    すしの漢字には「寿司」と「鮨」と「鮓」がある。 最も古い表記は「鮓」で、元々は塩や糟などに漬け…
ページ上部へ戻る