「適量」と「適宜」の違い

鍋に砂糖を入れる画像

料理のレシピには、「適量」や「適宜」という分量表記があり、似た言葉ではあるが意味に違いがある。

適量とは、適度な量を加減して入れること。
適宜とは、必要であれば入れること。

砂糖を「適量」と書かれていれば、必ず入れることが前提としてあり、量に関しては、ちょうど良いと思う量を入れてくださいという意味である。

砂糖を「適宜」と書かれていれば、その時の状態に応じて、甘味が足りないと感じたら入れても良いし、甘味が十分と感じたら入れなくても良いという意味である。
足りないから必要だと思って入れる場合は、ちょうど良いと思われる「適量」を入れることになる。

【人気記事】
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

  1. 花の香りを嗅ぐ画像
  2. マンションのベランダ画像
  3. カフェラテの画像
  4. 気仙沼港
  5. 寝る・眠るカンガルーの画像
  6. 重症患者が搬送された画像
  1. ミスした女性の画像
  2. 署名する画像
  3. 飛行機の画像
  4. 雹の画像
  5. 台風で海が荒れる画像
  6. ひまわりの画像
ページ上部へ戻る