「辞任」「辞職」「退任」「退職」の違い

会社を去る画像

辞任とは、今まで就いていた任務・職務を自分の意志で辞めること。
辞職とは、今まで就いていた職を自分の意志で辞めること。
社長や大臣などが、不祥事で「責任を取ってを辞任する」「責任を取って辞職する」などと言うが、「辞任する」という場合は、社長や大臣という任務や役職を自らの意志で辞めることをいい、会社を辞めたり、国会議員を辞める訳ではない。
しかし、「辞職する」という場合は、会社を辞めたり、国会議員を辞めるなど、職業自体を辞めることを表す。

退任とは、任務を退くこと。
退職とは、現職を退くこと。
退任と退職の違いは、辞任と辞職の違いと同様に、任務を退くのか、職場を去るのかという違いである。

辞任と退任の違いは、自らの意志であるか否かが関係している。
辞任は自らの意志で退くことをいうが、退任は自発的に退くことにも、任期満了で退くことにも用いる。

辞職と退職の違いも、辞任と退任の違いと同様に、自らの意志で辞める場合に用いるのが「辞職」、自発的な場合にも、定年や解雇などで職場を去る場合にも用いるのが「退職」となりそうだが、一般の会社では、役員以上が会社を辞める場合に「辞職」、一般従業員が会社を辞める場合に「退職」を使うのが普通である。

【人気記事】
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

ページ上部へ戻る