「目」「まなこ(眼)」「瞳」の違い

眼の画像

目は、物を見る働きをする視覚器官をいう一般的な言葉。
眼球のみならず、まぶたや目尻など眼球の周囲も含んでいることが多い。

まなこ(眼)は、「目の子」の意味で、本来は黒目(瞳孔)のみを指した。
現代では「目」と同様の意味で使われ、「どんぐりまなこ」や「寝ぼけまなこ」など、目の形や目つきを表す言葉にも使われる。

瞳は、眼球の中央部にある黒い部分、いわゆる黒目(瞳孔)をいう。
「つぶらな瞳」「瞳を閉じる」「真っ直ぐな瞳」というように、目や視線の意味でも使われるが、これらは比喩的表現で、ふつうは黒目のみを指す言葉である。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

ページ上部へ戻る