「木」と「草」の違い

竹林の画像

木も草も、光合成によって成長する植物。
一般に、木は大きく高く育ち、草は小さく低く育つというイメージもあるが、大きくならない木もあれば、大きく育つ草もあり、大きさで区別することはできない。

生物学では、形成層の有無によって木(木本)と、草(草本)を区別している。

木の樹皮の内側には、薄い形成層と呼ばれる組織があり、形成層が成長して幹が年々太くなるのに対し、草は形成層がなく、ある程度成長すると茎(木の幹に相当する部分)は太くならなくなる。
ただし、竹は幹に相当する部分が空洞で形成層が存在しないため、数カ月で太くならなくなるが、例外的に「木(木本)」に分類されている。

竹博士として知られる上田弘一郎京大名誉教授が、「竹は木のようで木でなく、草のようで草でなく、竹は竹だ」と言っているように、本来は「木」と「草」だけに分類できるものではなく、「例外」という言い訳が存在する。

植物学では、竹に限らず、木と草に本質的な違いはないとしている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 開放感を味わう画像
    開放は、「窓を開放する」「校庭を開放する」など、門戸や窓などを開け放すこと。「開放経済」など、制限を…
  2. 暖炉の画像
    燃やすと焼くと焚くは、火をつけて炎を上げるという点では共通するが、それぞれ重点が置かれるところに違い…
  3. 対称的のようで対照的な人を対象にした画像
    対象と対照と対称の使い分けは、英語にすると分かりやすい。 対象とは、行為が向けられる目標や相手…
  1. 書類作成の画像
    行政書士も司法書士も、公的な機関に提出する法律関係の書類作成や申請などを代行する仕事である。 …
  2. 抜本的な見直しをする画像
    根本的の「根本」は、物事を成り立たせている大本や、基礎になるもののことで、根本的は、そのようなさまを…
  3. 絶対にできる画像
    絶対と絶体は、全く意味の異なる言葉。 「ぜったいぜつめい」は「絶体絶命」としか表記しないが、「絶体…
  4. テロの画像
    テロは、「テロリズム(terrorism)」やドイツ語「テロル(Terror)」の略で、政治的主張を…
  5. 原材料の画像
    材料は、四語の中で最も一般的で、物を作る時にもととなる物の意味のほか、研究や調査の結論を出すもととな…
ページ上部へ戻る