「大笑い」「爆笑」「哄笑」「バカ笑い」「高笑い」の違い

笑う人の画像

大笑いとは、大声で笑うこと。
また、他人の言動をあざけり笑う「物笑い」と似た意味で、ひどい物笑いの種や、物笑いになるさまの意味でも使う。

爆笑とは、大勢がどっと大声で笑うこと。
爆笑は大勢でなければならないため、「一人で爆笑した」というのは誤用で、一人で大声を出して笑ったのであれば「大笑いした」というのが正しい。

しかし、言葉の意味は変化するものである。
一人や数名であっても、大声で笑うことに「爆笑」を使われることが非常に多くなっているため、いずれ誤用ではなくなり、一般的な使用法となる可能性もある。
一人や数名でもいう場合の「爆笑」と「大笑い」の違いは、大笑いが大声で笑うことであるのに対し、爆笑は弾けるような大きな笑い声である。

哄笑(こうしょう)は、大口をあけて声高く笑うこと。
「哄」の字は、どっと一斉に大声を出すという意味なので、漢字の意味からすれば、哄笑は大勢がどっと大声で笑うことだが、大口をあけて大きな声で笑っていれば、一人でも大勢でも関係ないと解釈されている。

バカ笑い(馬鹿笑い)とは、馬鹿のようにみだりに笑うこと。
周囲への配慮もなく、はしたないというニュアンスを含んだ表現である。

高笑いとは、あたり構わず大きな声で笑うこと。
バカ笑いと似ているが、高笑いは得意げになって大笑いしている場合に多く使われる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

ページ上部へ戻る