「住めば都」と「住まば都」の違い

都会のホームレス画像

「住めば都」と「住まば都」は、響きは似ているが全く意味の違う言葉である。

住めば都は、どんな不便な田舎であっても住み慣れてしまえば、住みやすい都と同じように、住み心地が良い土地に感じるということ。
「住んでしまえば都」という意味。

住まば都は、どうせ住むなら不便な田舎よりも、便利で住みやすい都会のほうが良いということ。
「住むならば都」という意味。

「住まば都」はほとんど使われなくなった表現だが、「住めば都」のつもりで「住まば都」と言ってしまうと、正反対の意味になるので注意が必要である。

関連記事

  1. 投機の画像
    将来の利益を見込んで株や不動産などに資金を投下することを「投資」や「投機」という。 リスクの低いも…
  2. 悲しくて泣く赤ちゃん画像
    悲しいと哀しいに明確な使い分けはないが、公用文などでは「悲しい」と表記し、「哀しい」は用いられない。…
  3. 平和な画像
    平和と和平の意味は似ているが、使い分けは明確で、平和は、戦争や紛争・災害などがなく、世の中や暮らしが…
  1. 会社を去る画像
    辞任とは、今まで就いていた任務・職務を自分の意志で辞めること。 辞職とは、今まで就いていた職を自分…
  2. トランクに服をおさめる画像
    収めるには、「財布に収める」「カメラに収める」など、中に入れる、記録に残すという意味。 「勝利を収…
  3. 食べ放題の画像
    コース料理とは異なり、並んだ料理から好きなものを取って食べる形式・食べ放題のことを、「ビュッフェ(ス…
  4. 紹興酒の甕画像
    日本の中華料理店では、紹興酒を頼んでも老酒(ラオチュウ)を頼んでも、紹興酒が出てくることが多いが、老…
  5. 4人体制の画像
    体制と態勢と体勢と大勢は、いずれも「たいせい」と読めるが、まったくの同音異義語である。 体制と…
ページ上部へ戻る