「ハンチング帽」「キャスケット」「ベレー帽」の違い

キャスケットの画像

ハンチング帽は、英語で「hunting cap」。
猟銃などで用いたことから付いた名で、日本語では「鳥打ち帽(鳥打ち帽子)」と呼ばれる。
短い前びさし(つば)が付いており、クラウン(頭頂部)は平たく前傾に覆いかぶさった形状をしている。

キャスケットは、ハンチング帽の一種。
ハンチングとキャスケットの違いに明確な定義はないが、ハンチングはクラウンが平らになっているのに対し、キャスケットはクラウンが2~8枚接ぎ(はぎ)で作られており、丸くボリュームがあるものを指すことが多い。

ベレー帽は丸く平たい形状で、つばや縁のない帽子である。
軍隊などで使われるミリタリーベレー(アーミーベレー)は斜めに被り、どちらか一方を立て、一方を下げることが多い。
その際、ハンチングのような形状になるが、垂れ下がった部分はつばではないため、ハンチングのつばのように硬くはない。

【人気記事】
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

  1. 青森ねぶたの画像
  2. 夢を叶える画像
  3. 手を繋ぎたがる同級生の画像
  4. 神楽坂の路地画像
  5. 蔵王国定公園の画像
  6. にわかファンの画像
  1. 進呈画像
  2. セロハンテープの画像
  3. 恋愛の画像
  4. 雹の画像
  5. 砂漠に老婆の画像
  6. 参加する人々の画像
ページ上部へ戻る