「タイツ」と「ストッキング」の違い

セクシーなストッキングの画像

タイツとストッキングの違いというと、繊維の太さの単位「デニール」がよく挙げられるが、デニールでタイツとストッキングを区別することはできない。

タイツは、肌をぴったりとフィットするよう作られた衣服で、主に腰からつま先まで包むものをいう。
バレエや演劇などの舞台衣装として作られたものが、スポーツ用、防寒用として広まった。

ストッキングは、丈の長い靴下のことで、特に、薄手でナイロン製の婦人用靴下をいう。
ストッキングには、ハイソックス丈のショートストッキングや、太ももまでのガーターストッキングやノンガーターストッキング、腰まであるパンティストッキングなどあるが、単に「ストッキング」といった場合は、パンティストッキングを指す。
このパンティストッキングが、タイツと区別しにくいものとなっている。

タイツとストッキング(パンティストッキング)が、繊維の太さの単位「デニール」によって区別されるようになったのは、タイツは厚手で、ストッキングは薄手だからである。
しかし、30デニール未満をストッキング、30デニール以上をタイツとするメーカーもあれば、20デニール未満をストッキング、20デニール以上をタイツとするメーカーもある。
弾性ストッキング(着圧ストッキング)には、140デニールや280デニールといったものもあり、デニールでストッキングとタイツは区別できない。
また、日本国外では、厚手をタイツ、薄手をストッキングといった区別もされていない。

つまり、タイツとストッキングの違いとしてハッキリいえることは、衣服なのか靴下なのかという違いだけなのである。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. うだるような暑さの画像
    一日の最高気温がセ氏25度以上の日を「夏日」、30度以上の日を「真夏日」、35度以上の日を「猛暑日」…
  2. パンフレットを見る画像
    カタログは、漢字で「型録」と当てられるように「型を記録したもの」、つまり、目録のこと。 製品・商品…
  3. 4人体制の画像
    体制と態勢と体勢と大勢は、いずれも「たいせい」と読めるが、まったくの同音異義語である。 体制と…
  1. UFOを追及する画像
    追求と追及と追究は、いずれも「ついきゅう」と読み、追いかけるという点では共通するが、意味は大きく異な…
  2. 神楽坂の路地画像
    路地は、本来は「露地」と書き、屋根など覆うものがない土地を意味するが、現代では一般的に、建物と建物の…
  3. 日本の古い郵便受け画像
    手紙を書く際、冒頭の挨拶として「拝啓」「謹啓」「前略」などの頭語を用い、頭語に対応した「敬具」「敬白…
  4. レッドリボンの画像
    HIVは、「Human Immunodeficiency Virus」の略で、ヒト免疫不全ウイルスと…
  5. 子供の冒険旅行画像
    冒険の「険」は、「けわしい」という意味。 冒険は、危険をおかすことや、危険を承知で行うこと、成功の…
ページ上部へ戻る