「ミュール」と「サンダル」と「パンプス」の違い

機能していないサンダルの画像

ミュールは、つま先部分は覆われていて、かかと部分にベルトやストラップなどの留め具がなく開いており、ヒールの高い履物のこと。
元々は、室内履きや外出時の泥除けとして履かれたものだったため、かかと部分が固定されず、つっかけて履く形状をしている。
「ミュールサンダル」や「バックレスサンダル」とも呼ぶように、ミュールはサンダルの一種である。
また、映画『ローマの休日』でオードリー・ヘップバーンが履いていたことから、日本では「ヘップサンダル」とも呼ばれる。

サンダルは、足全体を覆い包まず、底部を紐やバンドなどで固定する履物のこと。
ギリシャやローマなどで、熱砂から足裏を保護するために作られたものが起源であるため、このような形状をしている。
ミュールとの比較において、かかと部分に留め具があるものを「サンダル」と定義されることもあるが、ビーチサンダルなど、かかと部分に留め具がないサンダルは多く存在する。

パンプスは、履き口となる甲の部分が大きく開いており、紐やベルト・留め具などを使わずに履く靴の総称。
基本的には、つま先・かかと部分は覆われているが、つま先部分が開いている「オープントゥパンプス」や、かかと部分の開いた「オープンバックパンプス」などもあり、ミュールやサンダルと区別しにくいものが、オープンバックパンプスである。

オープンバックパンプスは、かかと部分に留め具がないミュールと違い、かかとの少し上にバックベルトがある。
基本的には、ベルトなどを使わず履くのがパンプスであるが、パンプスの形状にかかと部分を開けたものなので、パンプスの一種となる。
また、暑さ対策のため、足全体を覆い包まないよう作られたサンダルとは違い、オープンバックパンプスは、デザインとして部分的に開けられたもので、基本的につま先部分は覆われている。
スポンサーリンク
【あわせて読みたい】
「パンプス」と「ハイヒール」の違い
「下駄」と「草履」と「雪駄」と「わらじ」の違い
スポンサーリンク
【オールガイドリンク】
サンダルの意味・語源・由来 – 語源由来辞典
サンダルの類語・同義語 – 類語同義語辞典

関連記事

  1. アンドリュージョーンズのうなじ画像
    うなじは、首の後ろの部分。 襟足は、首の後ろ側の髪の生え際。 首筋は「首の筋」と書くため、首の前…
  2. 餃子の王さまの看板画像
    「餃子の王将」と「大阪王将」と「餃子の王さま」は、餃子を看板メニューにする中華料理店で、名前も似てい…
  3. 小額で少額な画像
    小額は「小さな額」で、金額の単位が小さいという意味。 1万円札に対して1円玉や100円玉などが小額…
  1. パクチーの画像
    カレーのスパイスに使われる「コリアンダー」と、タイ料理に欠かせない香草の「パクチー」は、生の状態で見…
  2. うだるような暑さの画像
    一日の最高気温がセ氏25度以上の日を「夏日」、30度以上の日を「真夏日」、35度以上の日を「猛暑日」…
  3. 蝶の羽画像
    蝶は昼行性で昼に飛び、蛾は夜行性で夜に飛ぶといわれるが、夜に飛ぶ蝶もいれば、昼に飛ぶ蛾もいる。 …
  4. ブスだっていいじゃないかの画像
    「かわいい」と「かわいらしい」は、顔や声、物などに対して、愛すべきである、大事にしたいといった感情を…
  5. 事故現場の画像
    ニュースでよく耳にする「重体」「重傷」「軽傷」は、治療を要する日数や症状の重さによる違いがある。 …
ページ上部へ戻る