「ミュール」と「サンダル」と「パンプス」の違い

機能していないサンダルの画像

ミュールは、つま先部分は覆われていて、かかと部分にベルトやストラップなどの留め具がなく開いており、ヒールの高い履物のこと。
元々は、室内履きや外出時の泥除けとして履かれたものだったため、かかと部分が固定されず、つっかけて履く形状をしている。
「ミュールサンダル」や「バックレスサンダル」とも呼ぶように、ミュールはサンダルの一種である。
また、映画『ローマの休日』でオードリー・ヘップバーンが履いていたことから、日本では「ヘップサンダル」とも呼ばれる。

サンダルは、足全体を覆い包まず、底部を紐やバンドなどで固定する履物のこと。
ギリシャやローマなどで、熱砂から足裏を保護するために作られたものが起源であるため、このような形状をしている。
ミュールとの比較において、かかと部分に留め具があるものを「サンダル」と定義されることもあるが、ビーチサンダルなど、かかと部分に留め具がないサンダルは多く存在する。

パンプスは、履き口となる甲の部分が大きく開いており、紐やベルト・留め具などを使わずに履く靴の総称。
基本的には、つま先・かかと部分は覆われているが、つま先部分が開いている「オープントゥパンプス」や、かかと部分の開いた「オープンバックパンプス」などもあり、ミュールやサンダルと区別しにくいものが、オープンバックパンプスである。

オープンバックパンプスは、かかと部分に留め具がないミュールと違い、かかとの少し上にバックベルトがある。
基本的には、ベルトなどを使わず履くのがパンプスであるが、パンプスの形状にかかと部分を開けたものなので、パンプスの一種となる。
また、暑さ対策のため、足全体を覆い包まないよう作られたサンダルとは違い、オープンバックパンプスは、デザインとして部分的に開けられたもので、基本的につま先部分は覆われている。
スポンサーリンク
【あわせて読みたい】
「パンプス」と「ハイヒール」の違い
「下駄」と「草履」と「雪駄」と「わらじ」の違い
スポンサーリンク
【オールガイドリンク】
サンダルの意味・語源・由来 – 語源由来辞典
サンダルの類語・同義語 – 類語同義語辞典

関連記事

  1. 節分の赤鬼と青鬼画像
    節分には、鬼に豆をぶつける「豆まき」の行事が行われる。 鬼の色は、赤色や青色が一般的だが、他に、黄…
  2. 倉敷川の画像
    「川」の字は、地の間を縫って流れる普通の川を表した象形文字で、一般的には「川」と書く。 「河」の原…
  3. 手錠の画像
    自首とは、犯罪事実や犯人が誰かわかっていない段階で、犯人自ら捜査機関に対して犯罪事実を申告し、処分を…
  1. 醤油を注ぐ画像
    一般的に「醤油」といえば、江戸時代以降、関東を中心に使われてきた「濃口醤油」を指し、醤油生産量の8割…
  2. マークシート用紙の画像
    OCRとは、「optical character reader」の略。 手書きもしくは印刷された文…
  3. 岐阜羽島駅の画像
    出生地は、生まれた土地のことで、戸籍謄本に記され、法律的にも明確なものである。 出身地の解釈に…
  4. 指切りの画像
    保証とは、「品質保証」「保証期間」「身元保証」など、責任を持って間違いないと請け合うこと。 また、…
  5. つとめる画像
    努めるは、勉学に努める、サービス向上に努める、ダイエットに努めるなど、努力すること、力を尽くして行う…
ページ上部へ戻る