「ミュール」と「サンダル」と「パンプス」の違い

機能していないサンダルの画像

ミュールは、つま先部分は覆われていて、かかと部分にベルトやストラップなどの留め具がなく開いており、ヒールの高い履物のこと。
元々は、室内履きや外出時の泥除けとして履かれたものだったため、かかと部分が固定されず、つっかけて履く形状をしている。
「ミュールサンダル」や「バックレスサンダル」とも呼ぶように、ミュールはサンダルの一種である。
また、映画『ローマの休日』でオードリー・ヘップバーンが履いていたことから、日本では「ヘップサンダル」とも呼ばれる。

サンダルは、足全体を覆い包まず、底部を紐やバンドなどで固定する履物のこと。
ギリシャやローマなどで、熱砂から足裏を保護するために作られたものが起源であるため、このような形状をしている。
ミュールとの比較において、かかと部分に留め具があるものを「サンダル」と定義されることもあるが、ビーチサンダルなど、かかと部分に留め具がないサンダルは多く存在する。

パンプスは、履き口となる甲の部分が大きく開いており、紐やベルト・留め具などを使わずに履く靴の総称。
基本的には、つま先・かかと部分は覆われているが、つま先部分が開いている「オープントゥパンプス」や、かかと部分の開いた「オープンバックパンプス」などもあり、ミュールやサンダルと区別しにくいものが、オープンバックパンプスである。

オープンバックパンプスは、かかと部分に留め具がないミュールと違い、かかとの少し上にバックベルトがある。
基本的には、ベルトなどを使わず履くのがパンプスであるが、パンプスの形状にかかと部分を開けたものなので、パンプスの一種となる。
また、暑さ対策のため、足全体を覆い包まないよう作られたサンダルとは違い、オープンバックパンプスは、デザインとして部分的に開けられたもので、基本的につま先部分は覆われている。
スポンサーリンク
【あわせて読みたい】
「パンプス」と「ハイヒール」の違い
「下駄」と「草履」と「雪駄」と「わらじ」の違い
スポンサーリンク
【オールガイドリンク】
サンダルの意味・語源・由来 – 語源由来辞典
サンダルの類語・同義語 – 類語同義語辞典

関連記事

  1. 扇子を持つ女性の画像
    団扇も扇子も、手に持ち、あおいで風を起こす道具で、扇(おうぎ)の一種。 単に、「扇」と言った場合は…
  2. ゆく年くる年の画像
    「昨年」「去年」「前年」「旧年」は、いずれも今年の前の年を表す言葉だが、場面に応じた使い分けが必要で…
  3. お辞儀の画像
    お辞儀は、親愛の気持ちや敬意を表す時に頭を下げて挨拶することで、人間関係を構築する上で基本中の基本と…
  1. スパークリングワインを注ぐ画像
    スパークリングワインは、炭酸ガスを多量に含んだ発泡性のワインのこと。 非発泡性ワインは、スティルワ…
  2. インクの画像
    インクジェットプリンターのインクには、染料インクと顔料インクがあり、それぞれにメリット・デメリットが…
  3. セミナー風景の画像
    セミナーは、少人数を対象に、特定のテーマについて開催される講演会や発表会・討論会。 ゼミナールは、…
  4. 富嶽三十六景富士山画像
    国名「日本」の読み方には、「ニホン」と「ニッポン」がある。 昭和9年に正式な呼称を「ニッポン」とす…
  5. 皮革の画像
    皮とは、「手の皮」や「みかんの皮」など、動植物の外表を覆っている膜。 「餃子の皮」や「饅頭の皮」な…
ページ上部へ戻る