「ブイヨン」と「コンソメ」と「鶏ガラスープ」の違い

コンソメスープの画像

ブイヨン(bouillon)は、フランス語で「だし汁」を意味する。
肉や骨、魚類、野菜、香辛料などを長時間煮込んで作る煮出し汁で、スープやソースの素にするもの。
英語でいえば、「スープストック」のことである。

コンソメは(consommé)は、ブイヨンを素に肉や野菜、調味料などを加え、アクを取り、漉したスープのことで、澄んだ琥珀色をしている。
もともとコンソメは、フランス語で「完成された」や「完全」の意味があったように、そのままスープとして飲めるものである。

ブイヨンとコンソメは、固形や顆粒のものがスープの素として市販されている。
メーカーによって異なるため、必ずとは言えないが、市販のブイヨンとコンソメは、どちらも塩分が加えられており、湯に溶かせばコンソメスープとして飲めるものが多く、基本的に違いはない。
強いて違いを挙げるとすれば、ブイヨンの方がシンプルな味で、湯に溶かすと素材のエキスで多少の濁りがあり、コンソメはブイヨンに比べ、香りが強く、うま味のある深い味で、湯に溶かすと澄んだ透明になることである。

ブイヨン(コンソメ)には牛や鶏の肉や骨を使うが、鶏ガラスープはその名の通り、鶏ガラが使われる(鶏ガラは、肉を取り去った鶏の骨や髄で、肉はわずかに残る程度ついている)。
鶏ガラスープに使う野菜はネギやショウガなどで、ニンジンや玉ねぎ、セロリ、パセリなどを使うブイヨン(コンソメ)とは異なる。
また、鶏ガラスープは西洋料理よりも中華料理に使用することが多いため、市販の鶏ガラスープの素には、ニンニクや醤油が入ったものも多い。
スポンサーリンク

関連記事

  1. たまごの画像
    卵も玉子も、共に「たまご」と読む。 使い分けに明確な基準はないが、一般的に、生物学上では「卵」と…
  2. 図書館の辞典画像
    事典や字典を含めた総称として「辞典」や「辞書」と呼ぶ場合もあるが、「辞」「事」「字」のそれぞれの文字…
  3. 目(眼)の画像
    目は眼よりも日常的に使われ、「台風の目」「魚の目」「痛い目」「ひいき目」など、目の形状や働き・機能な…
  1. 雨雲画像
    天気予報の「一時」「時々」「のち」「所により」は、厳密に区別されている。 一時雨は、ある時間の…
  2. 名古屋の画像
    中部地方は、本州中央部に位置する地方で、「中部日本」ともいう。 中部地方には、日本海に面する新潟県…
  3. 樽の画像
    樽は、酒・醤油などを入れ、保存・運搬に使用される、蓋が閉じられた容器。 桶は、風桶や寿司桶など、蓋…
  4. ピーマンとパプリカは、どちらもナス科トウガラシ属である。 植物学では、それよりも細かく、明確な分類…
  5. 戦略戦術の画像
    戦略も戦術も、軍事用語として使われていたものが、政治やビジネスなどでも使われるようになった言葉である…
ページ上部へ戻る