「スパッツ」と「レギンス」と「タイツ」と「トレンカ」の違い

レギンスの画像

日本で「スパッツ」と呼ばれるものは、欧米では「レギンス」と呼ばれ、基本的には同じもの。
日本に「レギンス」という呼称が入る以前の「スパッツ」は、丈も膝上から足首あたりまでの様々な長さのものを指していた。

しかし、2006年頃、日本ではアウターとして着用するスパッツを売り出すために、ファッション業界が新しいファッション用語として「レギンス」を使い始めたことで、スパッツは丈が膝上までで、スポーツのトレーニング用や下着として履くもの。
レギンスは丈が膝下から足首までで、アウターとして履くものというイメージが強くなり、両者は区別されるようになっている。

スパッツもレギンスもタイツの一種であるが、単に「タイツ」といった時には、腰からつま先までを覆うものを指す。

トレンカは「トレンカレギンス」とも呼ばれるように、レギンスの一種であるため、タイツの一種でもある。
土踏まずの部分に引っ掛ける部分があり、タイツのつま先部分とかかと部分を切り取った形をしたものが、トレンカである。

ちなみに、本来のスパッツは、ほこりをよけたり、足首やすねを保護するために靴に覆うゲートル(脚絆)のことであるが、日本では誤って、伸縮性のある素材でできた足首までの長さの衣類を指すようになった。
レギンスも、元々は西洋型のゲートルの呼称で、その形状から、乳幼児用の脚にぴったりした細いズボンを指すようになり、女性ファッションに流用されたもので、呼称の変化が似ている。
スポンサーリンク
【あわせて読みたい】
「裸足」と「素足」と「生足」の違い
スポンサーリンク

関連記事

  1. 以下と未満の画像
    以下の「以」は「~より」の意味で、以下は「~より下」を表す。 数学や法律では、基準となる数量を含ん…
  2. 会席料理の画像
    本膳料理は、正式な日本料理の膳立てで、室町時代に武家の礼法をもとに確立し、江戸時代に発展したが、明治…
  3. すだれの画像
    簾(すだれ)は、材料に細く割った竹や葦(ヨシ)などを並べて糸で編んだもので、日よけや目隠しなどの目的…
  1. アンテナの画像
    BSもCSも人工衛星から送信される衛星放送であるが、使用される衛星が異なる。 BSは「Broa…
  2. 寝るアシカの画像
    アシカとアザラシとセイウチは、いずれもヒレのような脚を持っていることから「鰭脚類(鰭脚目)」に分類さ…
  3. 子供の冒険旅行画像
    冒険の「険」は、「けわしい」という意味。 冒険は、危険をおかすことや、危険を承知で行うこと、成功の…
  4. シャベルとスコップの画像
    JIS規格では、上部が平らで足をかけて押せるものを「ショベル(シャベルと同じ)」、上部がな曲線状で足…
  5. 雑炊の画像
    おかゆは、ご飯と同じ要領で、水の分量を多くし、米から炊いたもの。 消化が良いことから、離乳食や病人…
ページ上部へ戻る