「スパッツ」と「レギンス」と「タイツ」と「トレンカ」の違い

レギンスの画像

日本で「スパッツ」と呼ばれるものは、欧米では「レギンス」と呼ばれ、基本的には同じもの。
日本に「レギンス」という呼称が入る以前の「スパッツ」は、丈も膝上から足首あたりまでの様々な長さのものを指していた。

しかし、2006年頃、日本ではアウターとして着用するスパッツを売り出すために、ファッション業界が新しいファッション用語として「レギンス」を使い始めたことで、スパッツは丈が膝上までで、スポーツのトレーニング用や下着として履くもの。
レギンスは丈が膝下から足首までで、アウターとして履くものというイメージが強くなり、両者は区別されるようになっている。

スパッツもレギンスもタイツの一種であるが、単に「タイツ」といった時には、腰からつま先までを覆うものを指す。

トレンカは「トレンカレギンス」とも呼ばれるように、レギンスの一種であるため、タイツの一種でもある。
土踏まずの部分に引っ掛ける部分があり、タイツのつま先部分とかかと部分を切り取った形をしたものが、トレンカである。

ちなみに、本来のスパッツは、ほこりをよけたり、足首やすねを保護するために靴に覆うゲートル(脚絆)のことであるが、日本では誤って、伸縮性のある素材でできた足首までの長さの衣類を指すようになった。
レギンスも、元々は西洋型のゲートルの呼称で、その形状から、乳幼児用の脚にぴったりした細いズボンを指すようになり、女性ファッションに流用されたもので、呼称の変化が似ている。
スポンサーリンク
【あわせて読みたい】
「裸足」と「素足」と「生足」の違い
スポンサーリンク

関連記事

  1. 意志を貫く石の画像
    意思も意志も、ドイツ語で「~したい」を意味する助動詞「whollen」を名詞化した「wille」の訳…
  2. 節分の赤鬼と青鬼画像
    節分には、鬼に豆をぶつける「豆まき」の行事が行われる。 鬼の色は、赤色や青色が一般的だが、他に、黄…
  3. 認可する画像
    許可は願いを許すこと、認可は認めて許可することで、意味として大きな違いはないが、行政が与える許可や認…
  1. アスファルトに生えるタンポポの画像
    雑草とは、農耕地や庭、道路などで、食用や観賞用などの栽培目的で植えられた以外の草。 野草とは、人が…
  2. 神父の画像
    神父と牧師の一番の違いは、キリスト教の教派による違い。 神父は、カトリック教会や正教会(ギリシャ正…
  3. 雨をカットする画像
    降水量も降雨量も、地面に浸みこんだり、蒸発したりすることなく、その場につもったと仮定した水の深さのこ…
  4. 徳利とお猪口の画像
    徳利は、口の近くが狭くすぼみ、胴が膨らんだ形をした、陶製・金属製・ガラス製の酒・醤油・酢などを入れて…
  5. 注意する画像
    留意も注意も用心も、気をつけることを意味するが、使える場面と使えない場面、ニュアンス、気をつける程度…
ページ上部へ戻る