「クッキー」と「ビスケット」と「サブレ」の違い

ビスケットの画像

クッキーとビスケットは区別する基準が曖昧で、「違いがある」と言えばある、「違いがない」と言えばないなものである。

クッキーとビスケットの一番の違いは、国による呼称の違いで、日本で「クッキー」や「ビスケット」と呼ばれているものが、アメリカでは両者を「クッキー」、イギリスでは「ビスケット」、フランスでは「ビスキュイ」と呼ぶ。
アメリカにも「ビスケット」と呼ばれるものはあるが、ケンタッキーフライドチキンのメニューにあるスコーンのような食べ物が、アメリカでは「ビスケット」である。

日本では、元々「ビスケット」と呼ぶのが一般的で、「クッキー」は戦後に多く使われるようになった呼称である。
ビスケットは幕末から携帯食として広まり、クッキーはアメリカ文化が多く入ってきた時期に広まったこともあり、ビスケットは安価なもの、クッキーは高級なものというイメージがついた。
ビスケットのような安価なものを「クッキー」として売ることは、消費者の誤認に繋がると考えられ、1971年に全国ビスケット協会が、ビスケットとクッキーの基準を定義した。
そこで定義されている区別を簡単にいえば、成分に含まれる糖分と脂肪分の合計が40%以上で、手作り風の外観を有するものが「クッキー」、それ以外のものが「ビスケット」である。

「手作り風の外観」という基準も曖昧だが、そもそも全国ビスケット協会による定義で、日本農林規格(JAS)が定めたものではない。
ほとんどの菓子メーカーは全国ビスケット協会に加盟しているため、スーパーなどで売られている菓子には当てはまる定義だが、協会に加盟していない小さな洋菓子店などは、これに従う必要がなく、糖分や脂肪分が40%以下のものを「クッキー」と呼んでも良いし、手作り感のあるものを「ビスケット」と呼んでも良いのである。
しかし、多くの場合は、ビスケットより脂肪分が多く、手作り感のあるものがクッキーという、全国ビスケット協会の基準に近い形で認識されている。

サブレ(サブレー)は、フランスから伝わった菓子で、ビスキュイの一種。
つまり、サブレはビスケットやクッキーの一種。
全国ビスケット協会にサブレの定義はないが、ビスケットに比べて、バターやショートニングの比率が高く、バターの風味とサクッとした食感のものがサブレである。

ちなみに、クラッカーや乾パンもビスケットの一種。
クラッカーは、塩味の堅焼きにした薄くて砕けやすい、イーストや酵素が入ったビスケット。
乾パンは、長期保存や携帯に便利なよう、水分を減らして堅く作ったビスケット様のパンである。

パンであれば別物と思うかもしれないが、ビスケットの語源は「二度焼いたパン」。
長期保存するために、乾かしたパンをもう一度焼いたものがビスケットの始まりで、元々はパンである。
スポンサーリンク
【あわせて読みたい】
「フィナンシェ」と「マドレーヌ」の違い
スポンサーリンク
【オールガイドリンク】
クッキーの意味・語源・由来 – 語源由来辞典
ビスケットの意味・語源・由来 – 語源由来辞典
クッキーの類語・同義語 – 類語同義語辞典
ビスケットの類語・同義語 – 類語同義語辞典

関連記事

  1. うなぎの画像
    うなぎもあなごも、同じウナギ目に属するが、うなぎはウナギ科、あなごはアナゴ科の魚で、生態・見た目・栄…
  2. 子供を叱る画像
    怒るは、「起こる」と同源で、「感情が高まる」の意味から、腹を立てること。 叱るは、目下の者の言動に…
  3. 参加する人々の画像
    「参加」「参画」「加入」「加盟」「仲間入り」は、いずれも、ある集まりに加わることをいう。 一員とし…
  1. 蝶の羽画像
    蝶は昼行性で昼に飛び、蛾は夜行性で夜に飛ぶといわれるが、夜に飛ぶ蝶もいれば、昼に飛ぶ蛾もいる。 …
  2. ハイヒールパンプスの画像
    同じ靴を指して、「パンプス」や「ハイヒール」と呼んだりすることがある。 これ自体間違いではないが、…
  3. 役員の画像
    取締役は、株主総会で選任され、会社の業務執行に関する意思決定をする者のこと。 会社内部での呼称と合…
  4. ひまわりの画像
    真夏と盛夏と盛暑は、夏の暑い盛りを表す言葉である。 最も一般的な表現で、日常会話でも使われるのが「…
  5. 節分の恵方巻画像
    巻き簾に海苔、その上に酢飯を広げ、ネタ(具材)を乗せて巻いた寿司を、関西では「巻き寿司」、関東では「…
ページ上部へ戻る