「アシカ」と「アザラシ」と「セイウチ」の違い

寝るアシカの画像

アシカとアザラシとセイウチは、いずれもヒレのような脚を持っていることから「鰭脚類(鰭脚目)」に分類される海生哺乳類である。
同じ鰭脚類でも、アシカはアシカ科、アザラシはアザラシ科、セイウチはセイウチ科で、下位分類では別の種族に属している。
アシカ科には、オットセイ・トド・オタリアなども含まれる。

鰭脚類の中でも、セイウチには大きな牙があるため、アシカやアザラシと見分けやすい。
牙の長さは、メスで20~40cm、オスは30~100cmある。
また、アシカやアザラシの毛皮は硬い剛毛だが、セイウチはまばらな剛毛があるものの、成熟すると毛がなくなる。

アシカとアザラシは一見似ているが、異なる点がいくつかあり、さほど見分けることは難しくない。
アシカには小さな耳殻(耳たぶ)があるが、アザラシには耳殻がなく、小さな孔が開いているだけである。
アシカの前脚は長いヒレ状だが、アザラシの前脚は短く五本指があり、手のような形をしている。

アシカは前後の脚で体を支える力があるが、アザラシは前脚で体を支えることができないため、陸上で上体起こしていればアシカである。
アシカは陸上を歩行する際、後脚を前に折り曲げ、前後の脚を使って前進するが、アザラシの脚は基本的に水中を泳ぐためのもので、後脚は後方に向いているため、前脚だけを使い腹這い状態で陸上を前進する。
アシカの泳ぎ方は、前脚を使い鳥が羽ばたくような動作で泳ぐが、アザラシは魚が尾びれを振って泳ぐように後脚を振って泳ぐ。
スポンサーリンク
【あわせて読みたい】
「ジュゴン」と「マナティー」の違い
スポンサーリンク
【オールガイドリンク】
アシカの意味・語源・由来 – 語源由来辞典
アザラシの意味・語源・由来 – 語源由来辞典
セイウチの意味・語源・由来 – 語源由来辞典
アシカの類語・同義語 – 類語同義語辞典
アザラシの類語・同義語 – 類語同義語辞典
セイウチの類語・同義語 – 類語同義語辞典

関連記事

  1. 扇子を持つ女性の画像
    団扇も扇子も、手に持ち、あおいで風を起こす道具で、扇(おうぎ)の一種。 単に、「扇」と言った場合は…
  2. 干支の動物画像
    今年の干支を言う際、2106年であれば「申年(さるどし)」、2017年であれば「酉年(とりどし)」と…
  3. アスファルトに生えるタンポポの画像
    雑草とは、農耕地や庭、道路などで、食用や観賞用などの栽培目的で植えられた以外の草。 野草とは、人が…
  1. 香典袋の画像
    通夜や葬儀の香典は不祝儀袋に包んで供えるが、不祝儀袋の表書きは、仏式・神式・キリスト教式など、故人の…
  2. レートの画像
    利率とは、一定期間内の元金に対する利息の割合のことで、「表面利率」や「クーポンレート」とも呼ばれる。…
  3. シソの画像
    紫蘇(シソ)は、シソ科シソ属の植物の総称で、エゴマもシソの一種であるが、一般的には赤紫蘇や青紫蘇を指…
  4. 倉敷川の画像
    「川」の字は、地の間を縫って流れる普通の川を表した象形文字で、一般的には「川」と書く。 「河」の原…
  5. スカイダイビングの画像
    ドキドキ(どきどき)は、心臓の鼓動が激しくなる様子を形容した語。 運動・興奮・不安・恐怖・期待など…
ページ上部へ戻る