「入れ墨」と「刺青」「タトゥー」の違い

女性のタトゥー画像

入れ墨は、針や刃物で皮膚を傷つけ、そこに墨や絵の具などを入れて文字や絵画を描くこと。また、そのものをいう。
刺青は「入れ墨」を意味する文章語で、本来の読みは「しせい」であったが、谷崎潤一郎の小説『刺青(しせい)』が発表されて以降、「刺青」と書いて「いれずみ」と読むようになり、「入れ墨」よりも「刺青」の方が多く用いられるようになった。
つまり、「入れ墨」も「刺青」も同じものである。
ただし、江戸時代に前科のしるしとして、顔や腕に入れられた墨を表す場合は「刺青」とは書かず、「入れ墨」と表記する。

タトゥー(Tattoo)は、刺青の英語表現である。
そのため、「タトゥー」と言う時は西洋的な絵や文字の洋彫りを指し、「刺青」と言う時は日本的な絵や文字の入った和彫りを指すことが多いが、本質的には、タトゥーも刺青も同じもので、両者に違いはない。
洋彫りは機械彫り、和彫りは手彫りというイメージから、機械彫りのものが「タトゥー」、手彫りのものが「刺青」と言われることもあるが、洋彫りと和彫りは、図柄や構図に違いがあるだけで、洋彫りにも手彫りがあり、和彫りにも機械彫りがある。

その他、和柄と洋柄の違いから、ヤクザがするようなものを「刺青」、ファッション的なものを「タトゥー」と呼び分けたり、全身に入れたものを「刺青」、小さく部分的なものを「タトゥー」と呼び分けたりもされる。
しかし、和柄と洋柄をミックスさせたもの、洋柄でも全身に入ったもの、部分的な和柄もある。
また、柄や大きさに関係なく、高齢であるほど「刺青」と呼び、若年であるほど「タトゥー」と呼ぶ傾向にあるため、刺青とタトゥーの使い分けは、人それぞれが持つイメージの違いによるとしか言いようがない。

入れ墨は、刺青やタトゥーのほか、彫り物(ほりもの)、文身(ぶんしん・いれずみ)、紋身(もんしん)、倶利迦羅紋々(くりからもんもん)、紋々(もんもん)とも呼ばれる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 翔ぶ人の画像
    飛ぶと跳ぶは、「空中を移動する」「飛行する」「fly」の意味であれば「飛ぶ」、「空中にはね上がる」「…
  2. 妄想する画像
    空想も夢想も妄想も幻想も、すべて想像の一種だが、これらには次のような違いがある。 想像とは、実…
  3. お彼岸の画像
    春のお彼岸は、春分の日を中日とし、前後3日を合わせた7日間。 秋のお彼岸は、秋分の日を中日とし、前…
  1. 幼稚園の親友画像
    幼稚園は、学校教育法で定める学校の一つで、文部科学省が所管している。 満3歳から小学校に就学するま…
  2. プロテインの効果効能画像
    「薬の効果が現れる」と「薬の効能が現れる」のように、「効き目」という意味では効果と効能のどちらも使う…
  3. 存在を見つける画像
    有るは、「財産が有る」「貫禄が有る」「有りがち」など、「持っている」「備わる」「含まれる」といった「…
  4. 図書館の辞典画像
    事典や字典を含めた総称として「辞典」や「辞書」と呼ぶ場合もあるが、「辞」「事」「字」のそれぞれの文字…
  5. 餃子の王さまの看板画像
    「餃子の王将」と「大阪王将」と「餃子の王さま」は、餃子を看板メニューにする中華料理店で、名前も似てい…
ページ上部へ戻る