「ベランダ」と「バルコニー」「テラス」の違い

マンションのベランダ画像

ベランダとは、建物の外に張り出した屋根付きのところのこと。
広さにもよるが、屋根があるため、雨の日でも洗濯物を干すことができる。

バルコニーとは、2階以上の室外に張り出した屋根のない手すり付きのところのこと。
下階の屋根部分を利用したものは、「ルーフバルコニー」と呼ぶ。

テラスとは、建物の1階から突き出した部分のこと。
古フランス語で「盛り土」を意味する言葉に由来するため、コンクリートや煉瓦、敷石などを敷きつめた台状になっており、地面より高く、屋内の窓や扉と繋がっている。

ベランダとバルコニーの違いは、屋根の有無。バルコニーとテラスの違いは、1階か2階以上かの違いなのではっきりしているが、問題は1階の部屋から外に張り出し、屋根が付いているスペースは、「ベランダ」なのか「テラス」なのかである。

本来、ベランダに階数は関係なく、テラスは屋根のないスペースをいうため、1階の屋根付きスペースは「ベランダ」というのが正しいが、日本では「ベランダ」と呼ぶ場合と、「テラス」と呼ぶ場合がある。

一軒家で和風であれば、「ベランダ」ではなく「縁側」と呼び、2階以上を「ベランダ」と呼ぶ。
洋風になると、1階で屋根が付いていても「テラス」と呼ぶ。
マンションなど集合住宅の場合は、屋根がない場合に「テラス」、屋根が付いている場合に「ベランダ」と呼ぶことが多い。

また、「ルーフテラス」や「屋上テラス」という言葉もあるように、本来は「バルコニー」と呼ばれるような2階以上のスペースを「テラス」と呼ぶことがある。
屋根の有無や階数に関係なく「テラス」が用いられるのは、洋風でテーブルや椅子を置ける比較的広いスペースというイメージがあるためで、本来は誤った使い方である。

関連記事

  1. レギンスの画像
    日本で「スパッツ」と呼ばれるものは、欧米では「レギンス」と呼ばれ、基本的には同じもの。 日本に「レ…
  2. ウイスキーの画像
    ウイスキーの綴りには、「KY」で終わる「WHISKY」と「KEY」で終わる「WHISKEY」がある。…
  3. 倒れる女性の画像
    日射病は、強い直射日光に長時間当たることで発生する病気。 大量の汗をかいて脱水症状となり、体温調節…
  1. 交代する画像
    交代と交替は、役目や位置などを入れかえること、また、入れかわることで、同じ意味を表す言葉である。 …
  2. ダックスフンドの画像
    ダックスフントとダックスフンドは、どっちが正しくどっちが間違いということはなく、どちらも正しい。 …
  3. エビの画像
    エビを「海老」と表記するのは、長い髭と曲がった腰が老人のように見えることからで、日本で作られた当て字…
  4. 神楽坂の路地画像
    路地は、本来は「露地」と書き、屋根など覆うものがない土地を意味するが、現代では一般的に、建物と建物の…
  5. 雑煮の画像
    雑煮は、汁の仕立て方や餅の形、具材など、作り方は地域や家庭によって様々で、全国共通の認識としてあるの…
ページ上部へ戻る