「霧(きり)」と「靄(もや)」と「霞(かすみ)」の違い

霧の中のジョギング画像

霧(きり)と靄(もや)は、大気中の水蒸気が微小な水滴がとなって浮遊し、視界が悪くなる現象をいい、霞(かすみ)は、空気中の水滴やその他の粒子によって視界が悪い状態をいう。

現象としては「霧」も「靄」も同じものを指すが、気象用語では、視程1km未満の状態を「霧」、視程1km以上10km未満を「靄」と呼ぶ。
つまり、近くのものしか識別できない状態(濃いもの)が「霧」、遠くまで識別できる状態(薄いもの)が「靄」である。
濃い霧は「濃霧」というが、濃霧は視程が陸上で100m以下、海上で500m以下の霧をいう。
「霞」は、気象用語として用いられていない。

また、気象用語での「靄」の定義は、微小な水滴や湿った微粒子で湿度50%以上のものをいい、湿度50%未満の乾いた煙や砂ぼこりなどによって、視程1km以上10km未満となっている状態は「煙霧」という。

俳句などの季語では、春のものを「霞」、秋のものを「霧」とし、「靄」は単独では季語となっていない。
「霞」が春の季語、「霧」が秋の季語となったのは平安時代頃からで、古くは区別がなく、「霧」も「霞」も春秋を問わず使われていた。
スポンサーリンク
【オールガイドリンク】
霧(きり)の類語・同義語 – 類語同義語辞典
靄(もや)の類語・同義語 – 類語同義語辞典
霞(かすみ)の類語・同義語 – 類語同義語辞典
霧のことわざ・慣用句 – 故事ことわざ辞典
「霧」を含む四字熟語一覧 – 平明四字熟語辞典
「靄」を含む四字熟語一覧 – 平明四字熟語辞典

関連記事

  1. 象の家族のぶらぶら散歩画像
    「ふらふら」も「ぶらぶら」も「ぷらぷら」も、位置が定まらず揺れ動くさまをいうが、それぞれの使い方に違…
  2. ドラゴンボートの画像
    共同と協同と協働は、複数の人や団体が事にあたるという意味で共通し、どの表記を用いても良い場合もあるが…
  3. ざるそばの画像
    江戸時代、蕎麦はつゆにつけて食べる「そばきり(蕎麦切り)」が一般的であった。 江戸中期に入ると、最…
  1. 測量する画像
    標高も海抜も、平均海面を基準とした土地の高さのこと。 主に、標高は山や土地の高さなど、地形を表す際…
  2. セクハラ画像
    事実は、本当にあった事柄、現実に存在する事柄。 真実は、嘘偽りのないこと、本当のことを意味する。 …
  3. ビスケットの画像
    クッキーとビスケットは区別する基準が曖昧で、「違いがある」と言えばある、「違いがない」と言えばないな…
  4. 戦場から帰る兵士の画像
    第一次世界大戦が始まってから最初のクリスマスとなった1914年12月25日、敵対していたドイツ軍とイ…
  5. 目の錯覚画像
    幻覚は、対象となるものが実際はないのに、あるように知覚すること。 多くの場合、「幻覚が見える」など…
ページ上部へ戻る