「路地」と「路地裏」と「裏路地」と「横丁」の違い

神楽坂の路地画像

路地は、本来は「露地」と書き、屋根など覆うものがない土地を意味するが、現代では一般的に、建物と建物の間の狭い道を表す。

路地裏とは、表通りに面していないところのこと。
路地は表通りに面していない道というニュアンスを含むため、路地の裏であれば表通りのことになりそうだが、この「裏」は路地よりも更に裏(奥)で、路地を入り込んだところを表したところ。
また、「裏道」や「裏通り」からの連想で、路地の狭さや薄暗さを強調した表現である。

裏路地と路地裏はほぼ同じ意味であるが、路地裏が路地に面したところも含んだ場所を指すのに対し、裏路地は路地そのものを指す。
路地の奥まったところにある店を表す際、路地裏を使って表現するならば「路地裏の店」となり、裏路地で表現するならば「裏路地に面した店」となる。

横丁とは、表通りから横に入った道筋のこと。
路地が横丁になっていることもあり、ほぼ同義で用いられることもあるが、路地は人家の間で、関係者以外は通らない極端に狭い道も指すのに対し、横丁は店が立ち並び、ある程度の道幅がある通りを指す。
また、普通は「〇〇路地」と名前を付けられることはないが、横丁はその通りの名前として「△△横丁」と付けられるものである。
スポンサーリンク
【オールガイドリンク】
路地の意味・語源・由来 – 語源由来辞典
路地(ろじ)の類語・同義語 – 類語同義語辞典
横丁(よこちょう)の類語・同義語 – 類語同義語辞典

関連記事

  1. 干支の動物画像
    今年の干支を言う際、2106年であれば「申年(さるどし)」、2017年であれば「酉年(とりどし)」と…
  2. 象の家族のぶらぶら散歩画像
    「ふらふら」も「ぶらぶら」も「ぷらぷら」も、位置が定まらず揺れ動くさまをいうが、それぞれの使い方に違…
  3. 雑煮の画像
    雑煮は、汁の仕立て方や餅の形、具材など、作り方は地域や家庭によって様々で、全国共通の認識としてあるの…
  1. 映画の制作現場画像
    制作は、美術作品、映画、テレビ番組など、芸術作品の創作活動に用いられることが多い。 製作は、実用的…
  2. 体を絞る画像
    しぼるの漢字には「絞る」と「搾る」があるが、それぞれの漢字が表す意味から使い分けされる。 「絞…
  3. 十分に注がれ溢れそうな画像
    元々、日本では「十分」が使われており、「充足」や「充実」などの言葉の意味から、「充分」の表記もされる…
  4. 容疑者逮捕の瞬間画像
    ニュースなどの報道では、警察から犯罪の疑いをかけられた人を「容疑者」という。 これを司法手続きや法…
  5. 手を取り合う画像
    コンサートやスポーツ大会、美術展、学会などのイベントのポスターなどに明記されている、主催・協賛・協力…
ページ上部へ戻る