「共同」と「協同」と「協働」の違い

ドラゴンボートの画像

共同と協同と協働は、複数の人や団体が事にあたるという意味で共通し、どの表記を用いても良い場合もあるが、使用する場面・ニュアンスの違いによって表記が限られたり、使い分けされることがある。

共同には、力を合わせて事を行うという意味のほか、同じ条件・資格で結合したり、関係するといった意味もある。
同じ条件で使用する意味の「共同トイレ」や「共同墓地」などに、「協同」や「協働」の表記は用いられない。

協同には、共に心と力を合わせて物事を行う意味があり、互いに協力するといった精神面を強調する際に用いられることが多い。
協同組合は、業者や消費者などが、事業や生活の改善を図るために組織される団体であるため、「協同」の表記が用いられる。

協働は、協力して働くという意味。
協同も協働も、同じ目的に向かって力を合わせ物事を行うという意味では同じだが、協同は役割分担などが事前に決まっていることが多いのに対し、協働はそれぞれができること、得意分野のことをする場合に用いられることが多い。
また、どちらも一緒に行動するとは限らないが、協同よりも協働の方が、より一緒に行動するという意味合いが強い。
スポンサーリンク
【あわせて読みたい】
「主催」と「協賛」と「協力」と「後援」の違い
「参加」と「参画」と「加入」と「加盟」と「仲間入り」の違い
スポンサーリンク
【オールガイドリンク】
共同(きょうどう)の類語・同義語 – 類語同義語辞典

関連記事

  1. 祝日に掲げる国旗の画像
    暦の上で休日となっている日を「祝日」「祭日」「祝祭日」などと言うが、「祭日」や「祝祭日」は俗称である…
  2. 異常な行動の画像
    異常とは、正常でないこと、通常でないことであり、反対語は「正常」。 異状は、普段とは違った状態、つ…
  3. コンソメスープの画像
    ブイヨン(bouillon)は、フランス語で「だし汁」を意味する。 肉や骨、魚類、野菜、香辛料など…
  1. 日本の美意識わびさびの画像
    わびとさびは、日本独特の美意識を表す言葉で、「わびさび」とひと言で言うことも多いが、本来は異なる概念…
  2. 初夏の画像
    陰暦(旧暦)の夏は、4月から6月までを指し、夏の初めである4月を「初夏」、夏の半ばである5月を「仲夏…
  3. 雹の画像
    「雹(ひょう)」も「霰(あられ)」も、空から降ってくる氷の粒だが、一番の違いは大きさにある。 ひょ…
  4. 富嶽三十六景富士山画像
    国名「日本」の読み方には、「ニホン」と「ニッポン」がある。 昭和9年に正式な呼称を「ニッポン」とす…
  5. 研究画像
    科学は、様々な事象を観察や実験などによって実証された体系的・法則的知識。 広義には、物理学・化学・…
ページ上部へ戻る