「共同」と「協同」と「協働」の違い

ドラゴンボートの画像

共同と協同と協働は、複数の人や団体が事にあたるという意味で共通し、どの表記を用いても良い場合もあるが、使用する場面・ニュアンスの違いによって表記が限られたり、使い分けされることがある。

共同には、力を合わせて事を行うという意味のほか、同じ条件・資格で結合したり、関係するといった意味もある。
同じ条件で使用する意味の「共同トイレ」や「共同墓地」などに、「協同」や「協働」の表記は用いられない。

協同には、共に心と力を合わせて物事を行う意味があり、互いに協力するといった精神面を強調する際に用いられることが多い。
協同組合は、業者や消費者などが、事業や生活の改善を図るために組織される団体であるため、「協同」の表記が用いられる。

協働は、協力して働くという意味。
協同も協働も、同じ目的に向かって力を合わせ物事を行うという意味では同じだが、協同は役割分担などが事前に決まっていることが多いのに対し、協働はそれぞれができること、得意分野のことをする場合に用いられることが多い。
また、どちらも一緒に行動するとは限らないが、協同よりも協働の方が、より一緒に行動するという意味合いが強い。
スポンサーリンク
【あわせて読みたい】
「主催」と「協賛」と「協力」と「後援」の違い
「参加」と「参画」と「加入」と「加盟」と「仲間入り」の違い
スポンサーリンク
【オールガイドリンク】
共同(きょうどう)の類語・同義語 – 類語同義語辞典

関連記事

  1. 手を取り合う画像
    コンサートやスポーツ大会、美術展、学会などのイベントのポスターなどに明記されている、主催・協賛・協力…
  2. 祝日に掲げる国旗の画像
    暦の上で休日となっている日を「祝日」「祭日」「祝祭日」などと言うが、「祭日」や「祝祭日」は俗称である…
  3. テロの画像
    テロは、「テロリズム(terrorism)」やドイツ語「テロル(Terror)」の略で、政治的主張を…
  1. 水に飛び込む画像
    経験も体験も、実際に見聞きしたり、やったりするなど、何事かに直接ぶつかることをいう。 経験は、…
  2. 猿が温泉に浸かる画像
    地下水が自然に地表に湧き出ているところや、その湧き出た水を「泉」という。 泉の中でも水温が高いもの…
  3. 懲役を科せられた人の画像
    懲役・禁錮(禁固)・拘留は、受刑者の身体を刑事施設に拘置する自由刑にあたる。 懲役は、金属製品…
  4. 首都東京の夜景画像
    関東地方は、茨城県・栃木県・群馬県・埼玉県・千葉県・東京都・神奈川県の1都6県を指す。 関東が「関…
  5. スケッチする女性の画像
    デッサンは、フランス語の「dessin」から。日本語では「素描」と訳される。 鉛筆や木炭・コンテな…
ページ上部へ戻る