「不倫」と「浮気」の違い

不倫現場画像

浮気も不倫も、パートナーがありながら、他の異性にひかれ関係をもつことをいい、厳密な意味の違いはないが、一般的には次のような区別がされている。

不倫は結婚している場合のみ使い、浮気は婚姻の有無は問わず、恋人関係であっても使う。
不倫は肉体関係がある場合に使い、浮気は肉体関係がなくても使う。
不倫は継続的な関係のみ使い、浮気は一時的な関係であっても使う。
「軽い遊びのつもり」という意味で、「軽い浮気のつもり」とは言うが、「軽い不倫のつもり」とは言わない。

不倫の使われる範囲が限定的であるのに対し、浮気は広い意味で使われていることが分かる。
このような区別は、それぞれの言葉本来の意味が関係している。

不倫の「倫」は、倫理の「倫」と同じ「人の守るべき道」という意味で、不倫は「人の道にそむく」というのが本来の意味。
古くは、道徳に外れることを広く意味したが、戦前から「道徳的に許されない恋愛」の意味でも使われ始めた。
道徳に外れる行為は「重い罪をおかすこと」という認識があるため、不倫は婚姻関係にありながら、他の異性と継続的な肉体関係を続けるという、浮気よりも限定的な意味で使われる。

一方の浮気は、「心が浮ついて移りやすいこと」の意味で、「行為」よりも「気持ちの動き」が中心となる。
不倫のように道徳的な意味も含まないため、婚姻の有無や肉体関係の有無、関係をもった期間などは重視されず、気持ちが一瞬他へ移っただけでも使われる。
また、「他の店に浮気してた」といった表現もされるように、男女関係に限らず使われる言葉である。
スポンサーリンク
【あわせて読みたい】
「恋」と「愛」の違い
「同居」と「同棲」と「内縁」の違い
スポンサーリンク
【オールガイドリンク】
不倫(ふりん)の意味・語源・由来 – 語源由来辞典
不倫(ふりん)の類語・同義語 – 類語同義語辞典
浮気(うわき)の類語・同義語 – 類語同義語辞典

関連記事

  1. 象の家族のぶらぶら散歩画像
    「ふらふら」も「ぶらぶら」も「ぷらぷら」も、位置が定まらず揺れ動くさまをいうが、それぞれの使い方に違…
  2. 部下に指示する画像
    指示と指図は、物事のやり方、仕事の段取りなどを言いつけ、人を動かすことで、意味としては同じだが、ニュ…
  3. ヴァンパイアの画像
    吸血鬼は、人の生き血を吸うと伝えられる怪物のことで、英語では「Vampire(ヴァンパイア・バンパイ…
  1. ダンカン馬鹿野郎たけしの画像
    バカ(馬鹿)とアホ・アホウ(阿呆)は、共に「愚かなこと」「愚かな人」を表す言葉で、主に、関東では「バ…
  2. ヒラメの画像
    昔から、「左ヒラメに右カレイ」と言われる。 眼を上に向けて置いた時、頭が左向きになるのが「ヒラメ(…
  3. トレッキングの画像
    登山とトレッキングとハイキングは、それぞれに目的が異なるため、要する時間や道具も異なる。 登山…
  4. 保育器に入る未熟児の画像
    未熟児は、早産などで身体機能の発育が未熟のまま出生した子のこと。 一般には、体重が2,500グラム…
  5. 東日本大震災の画像
    震度とは、ある場所(測定される場所)での地震による揺れの強さ。 マグニチュードとは、地震そのものの…
ページ上部へ戻る