「レギュラー」と「ハイオク」の違い

ガソリンを入れる画像

ガソリン車の燃料として使われるガソリンには、レギュラーとハイオクがある。
「プレミアムガソリン」とも呼ばれるハイオクは、「ハイオクタン価ガソリン」の略で、オクタン価が高い(ハイ)ガソリンのこと。
レギュラーは、ハイオクに対して標準のガソリンであることを表す。

オクタン価とは、異常燃焼・ノッキングのしにくさを示す指数のこと。
オクタン価が高いほど引火点が高く、燃えにくいが、高馬力が出るため、スポーツカーや大型車に使用される。
オクタン価の高いガソリンで燃焼するよう設計されたハイオク限定車にレギュラーガソリンを使うと、ノッキングを起こしやすく、エンジン故障の原因にもなる。

ハイオク仕様以外の車にハイオクを入れた場合は、エンジントラブルなどはない。
しかし、ハイオク仕様以外の車はオクタン価が低くても正常に燃焼するよう設計されているため、値段の高いハイオクを入れるメリットはなく、わずかに燃費がよくなる可能性があるものの、ガソリン代との比ではない。

オクタン価は0~100の数値で表される。
日本では、レギュラーのオクタン価が89以上96未満、ハイオクが96以上とJIS規格によって定められている。

欧州のガソリンは、オクタン価「91」「95」「98」の3種類あるが、「91」はほぼ流通しておらず、「95」がレギュラー、「98」がハイオクとして扱われ、一般的にはレギュラーの「95」が使用されている。
日本でも「95」はレギュラーになるため、欧州車にはレギュラーを入れても良さそうだが、多くの輸入車はハイオク指定されている。

これは、実際に販売されているガソリンのオクタン価に違いがあるため。
JIS規格で「95」はレギュラーに相当するが、日本で実際に販売されているガソリンは、レギュラーが90~91程度、ハイオクが98~100程度で、「95」以上のガソリンを入れようとすれば、ハイオクを入れなければならず、欧州ではレギュラーで大丈夫な車が、日本ではハイオク指定となるのである。
スポンサーリンク
【オールガイドリンク】
レギュラーの類語・同義語 – 類語同義語辞典

関連記事

  1. 疑問から発見・発明する画像
    発見は、今まで世の中に知られていなかったものを見つけ出すこと。 発明は、今まで世の中になかったもの…
  2. 霧の中のジョギング画像
    霧(きり)と靄(もや)は、大気中の水蒸気が微小な水滴がとなって浮遊し、視界が悪くなる現象をいい、霞(…
  3. 光に映る影の画像
    影は、光が物体に遮られて、光源と反対側に現れる暗い部分。 陰は、物に遮られ、日光や風雨が当たらない…
  1. 利息を数える画像
    金銭などの貸借の対価として、一定の割合で支払われる金銭を「利子」や「利息」といい、これらの意味に違い…
  2. 階段を上る画像
    「のぼる」の漢字には、「上る」と「登る」と「昇る」がある。 広く一般的に使われるのは「上る」で、「…
  3. 高速道路の画像
    高速道路の休憩施設には、サービスエリア(SA)とパーキングエリア(PA)があり、パーキングエリアより…
  4. 永い時間働く人の画像
    ながいの漢字「長い」と「永い」の使い分けは、まず、時間のことなのか、時間以外のことなのかで分けられる…
  5. 存在を見つける画像
    有るは、「財産が有る」「貫禄が有る」「有りがち」など、「持っている」「備わる」「含まれる」といった「…
ページ上部へ戻る