「カレーうどん」と「カレー南蛮」の違い

カレー南蛮の画像

カレーうどんは、汁がカレー味のうどん。
カレー南蛮には、汁がカレー味のうどんと蕎麦があり、うどんと蕎麦を提供しているお店では「カレー南蛮うどん」「カレー南蛮そば」と書かれている。
カレー南蛮には蕎麦もあり、カレーうどんに蕎麦がないことは当たり前だが、その他にも違いはある。

「鴨南蛮そば」が鴨肉とネギの蕎麦をいうように、蕎麦屋で「南蛮」は「ネギ」のことで、カレー南蛮は具に長ネギが入っているものである。
カレーうどんには、長ネギではなく玉ねぎが入っているのが一般的である。

ただし、「南蛮=ネギ」なのでネギを使わないカレー南蛮はおかしいが、カレーうどんにはそのような意味のある言葉が含まれていないため、長ネギの入ったカレーうどんが間違いという訳ではない。

ちなみに、カレーうどんもカレー南蛮も、最初に作ったのは蕎麦屋さんで、カレーうどんの元祖は、早稲田にある「三朝庵」。
カレー南蛮の元祖については、中目黒の「朝松庵」という説と、大阪の谷町の「東京そば」という説があるが、実は、朝松庵の二代目が大阪支店の「東京そば」で誕生させたのが始まりで、どちらの説も正しいのである。

関連記事

  1. 夜中の街の画像
    夜更けを表す言葉は、深夜・夜中(真夜中)・未明・夜半などと多くあるが、それぞれに時間帯の明確な定義が…
  2. 解答用紙の画像
    回答とは、質問や要求・要望に答えることや、その答え。 解答とは、問題を解いて答えを出すことや、その…
  3. ダンカン馬鹿野郎たけしの画像
    バカ(馬鹿)とアホ・アホウ(阿呆)は、共に「愚かなこと」「愚かな人」を表す言葉で、主に、関東では「バ…
  1. 刺身の盛り合わせ画像
    刺身は、魚・貝・肉などを生のまま薄く切り、醤油やわさびなどをつけて食べる料理。 元々は、「切り身」…
  2. アスファルトに生えるタンポポの画像
    雑草とは、農耕地や庭、道路などで、食用や観賞用などの栽培目的で植えられた以外の草。 野草とは、人が…
  3. 戦場から帰る兵士の画像
    第一次世界大戦が始まってから最初のクリスマスとなった1914年12月25日、敵対していたドイツ軍とイ…
  4. 成長する子供と生長する草の画像
    成長は、「成長期の子供」「成長した犬」「成長株」「高度経済成長」など、人や動物が育って大きくなる意味…
  5. 日本で一番低い山の日和山画像
    山は周囲の土地よりも表面が高く盛り上がった地形のことで、丘は小高い土地を指す。 一般的に、丘は山よ…
ページ上部へ戻る