「屁」と「おなら」の違い

すかしっ屁を指摘される画像

「屁」も「おなら」も、飲み込んだ空気や腸の内容物の発酵によって生じたガスが、肛門から排出されるものをいうが、厳密には「屁」と「おなら」に違いがある。

おならは、「お鳴らし」が略されてできた女房言葉。
音の鳴る放屁が「おなら」であり、音のしない屁は「おなら」ではないのである。

元々は、音の鳴るものも鳴らないものも「屁」であったが、「おなら」という言葉が広まっていくと、音の鳴らないものを「屁」、音の鳴るものを「おなら」と区別されるようになった。
その違いを表現した古川柳に、「屁をひったより気の毒は おならなり」というものがある。
やがて、「屁」と「おなら」が同じ意味で用いられるようになったことから、音のするものとしないものを分けるため、音のしない屁を「すかしっ屁」と呼ぶようになった。

屁(すかしっ屁)のほうが、音が出る「おなら」よりも臭い理由は、屁に含まれるガスと空気の混合割合によるもの。
大きな音の出るおならは、ガスよりも空気の割合が多く、空気圧が高くなるため、音が出る代わりに臭くなりにくい。
音のしない、もしくは、音の小さい屁は、ガスの濃度が濃いため臭いにおいがするが、空気圧が低いため音がしないのである。

関連記事

  1. 人が分かれる画像
    分かれると別れるは、共に「わかれる」と読み、「離れる」という意味においては同じで語源も同じだが、わか…
  2. 怖い墓地の画像
    怖いと恐いは、ともに、悪い結果が予想され、不安である、近寄りたくない、身がすくむ。また、不思議な力が…
  3. 神楽坂の路地画像
    路地は、本来は「露地」と書き、屋根など覆うものがない土地を意味するが、現代では一般的に、建物と建物の…
  1. 彗星の画像
    彗星も流星も尾を引いて光るものだが、彗星は太陽系の小天体、流星は宇宙の塵が発光する現象である。 …
  2. オレンジの画像
    オレンジを大きく分けると、スイートオレンジ、サワーオレンジ、マンダリンオレンジに分類され、日本で単に…
  3. アルコール飲料の画像
    お酒は製造方法によって分類すると、「醸造酒」「蒸留酒」「混成酒」の3種類に分けられる。 醸造酒…
  4. 階段の画像
    ランク(rank)は、順位や等級、順位をつけること。 レベル(level)は、水準や段階。 グレ…
  5. 餃子の王さまの看板画像
    「餃子の王将」と「大阪王将」と「餃子の王さま」は、餃子を看板メニューにする中華料理店で、名前も似てい…
ページ上部へ戻る