「ジュゴン」と「マナティー」の違い

マナティーの画像

海牛目(かいぎゅうもく)もしくはジュゴン目に分類される海生哺乳動物は、ジュゴン科とマナティー科の2科に分かれる。
両者は一見すると似ているが、見分け方はそれほど難しくない。

ジュゴンとマナティーの違いを一目で見分ける方法は、尾びれの形を見るこである。
ジュゴンの尾びれはイルカのように三角形で、マナティーの尾びれは丸みを帯び、うちわに似た形をしている。

その他、ジュゴンとマナティーを見分けるポイントは、下記のように何点かある。

ジュゴンは海底に生える海草を食べるため、口が下向きになっているが、マナティーは海面に浮く水草を食べるため、ジュゴンほど口は下向きになっていない。

ジュゴンに爪はないが、マナティーには爪がある。
マナティーは象と同じ先祖から進化したといわれ、爪があるのはその名残りと考えられている。

ジュゴンもマナティーも、水中生活に適応するため前肢がヒレになっているが、長さや肘の有無に違いがある。
ジュゴンの上腕は体内にあるため、ヒレは短く肘もないが、マナティーのヒレは長く肘がある。

少し分かりづらいが、ジュゴンの皮膚は滑らかなのに対し、マナティーの皮膚は硬くてザラザラしている。
また、マナティーは、皮膚に苔が生えていたり、フジツボが付着しているものも多い。

ジュゴンには牙があり、マナティーには牙がない。
ただし、ジュゴンの牙は歯肉に埋もれているため、牙によってジュゴンとマナティーを見分けることは難しい。

ジュゴンとマナティーは生息地にも違いがあり、ジュゴンは紅海・インド洋からオーストラリア北部に至る浅海に生息し、日本では沖縄に生息する。
マナティーは、大西洋沿岸や周辺の河川や河口、湖などに生息する。

【人気記事】
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

ページ上部へ戻る