「ジュゴン」と「マナティー」の違い

マナティーの画像

海牛目(かいぎゅうもく)もしくはジュゴン目に分類される海生哺乳動物は、ジュゴン科とマナティー科の2科に分かれる。
両者は一見すると似ているが、見分け方はそれほど難しくない。

ジュゴンとマナティーの違いを一目で見分ける方法は、尾びれの形を見るこである。
ジュゴンの尾びれはイルカのように三角形で、マナティーの尾びれは丸みを帯び、うちわに似た形をしている。

その他、ジュゴンとマナティーを見分けるポイントは、下記のように何点かある。

ジュゴンは海底に生える海草を食べるため、口が下向きになっているが、マナティーは海面に浮く水草を食べるため、ジュゴンほど口は下向きになっていない。

ジュゴンに爪はないが、マナティーには爪がある。
マナティーは象と同じ先祖から進化したといわれ、爪があるのはその名残りと考えられている。

ジュゴンもマナティーも、水中生活に適応するため前肢がヒレになっているが、長さや肘の有無に違いがある。
ジュゴンの上腕は体内にあるため、ヒレは短く肘もないが、マナティーのヒレは長く肘がある。

少し分かりづらいが、ジュゴンの皮膚は滑らかなのに対し、マナティーの皮膚は硬くてザラザラしている。
また、マナティーは、皮膚に苔が生えていたり、フジツボが付着しているものも多い。

ジュゴンには牙があり、マナティーには牙がない。
ただし、ジュゴンの牙は歯肉に埋もれているため、牙によってジュゴンとマナティーを見分けることは難しい。

ジュゴンとマナティーは生息地にも違いがあり、ジュゴンは紅海・インド洋からオーストラリア北部に至る浅海に生息し、日本では沖縄に生息する。
マナティーは、大西洋沿岸や周辺の河川や河口、湖などに生息する。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 夏の風物詩ラムネの画像
    ラムネは、レモン水を意味する英語「レモネード(lemonade)」がなまったもので、炭酸水にレモンや…
  2. 機能していないサンダルの画像
    ミュールは、つま先部分は覆われていて、かかと部分にベルトやストラップなどの留め具がなく開いており、ヒ…
  3. 海を渡る船の画像
    船は、水上を移動する乗り物の「ふね」を表す一般的な表記で、大きさや動力の有無に関わらず用いる。 舟…
  1. 書類作成の画像
    行政書士も司法書士も、公的な機関に提出する法律関係の書類作成や申請などを代行する仕事である。 …
  2. 欲深い人の画像
    欲張りとは、欲が深いこと。また、そのような人のことで、貪欲や強欲よりも日常的に使われる。 貪欲…
  3. オレンジの画像
    オレンジを大きく分けると、スイートオレンジ、サワーオレンジ、マンダリンオレンジに分類され、日本で単に…
  4. フランス菓子カドのマドレーヌとフィナンシェ画像
    フィナンシェもマドレーヌも、フランス発祥の焼き菓子。 フィナンシェは、フランス語で「金融家」「…
  5. 聞く人の画像
    聞くと聴くは、意識の違いによって使い分けられる。 聞くは、「物音を聞く」「話し声が聞こえる」のよう…
ページ上部へ戻る