「目」と「眼」の違い

目(眼)の画像

目は眼よりも日常的に使われ、「台風の目」「魚の目」「痛い目」「ひいき目」など、目の形状や働き・機能などからたとえた言葉も多く、広い意味で用いられる。
医学的・生理学的・生物学的な用語では、器官や構造として「眼」が多く用いられるが、それ以外の場面ではあまり用いられない。

眼の字を使う言葉は、「眼科」「眼圧」「眼球」「眼孔」など「がん」と発音するものが多く、視覚機能や構造を意味するものが多い。
眼を「め」と読む言葉には、「眼鏡」や「目薬」などあるが、これも器官の意味で使われている。

「専門家のめ」など、物事を見抜く力、洞察力を意味する時の「め」は、「目」と「眼」の両方が使われるが、科学的であったり、鋭い洞察力であることを表現する際には、「眼」を用いることが多い。

めだまは「目玉」としか書かないが、「めのたま」といった場合は、「目」も「眼」も使われる。
ただし、「目」を使う場合は「目の玉」と書き、一般的に「眼」を使う場合は、「眼の球」と書いて構造的な意味合いが強くなる。
スポンサーリンク
【オールガイドリンク】
目・眼の意味・語源・由来 – 語源由来辞典
目(め)の類語・同義語 – 類語同義語辞典
眼(め)の類語・同義語 – 類語同義語辞典
目・眼のことわざ・慣用句 – 故事ことわざ辞典
「目」を含む四字熟語一覧 – 平明四字熟語辞典
「眼」を含む四字熟語一覧 – 平明四字熟語辞典

関連記事

  1. 福島県五色沼の青沼画像
    池と沼と湖と泉と沢と潟のうち、明らかに他と違うのは「泉」である。 泉は、「出づ水」が語源であるよう…
  2. 好意を無にされた画像
    「好意」も「厚意」も、相手を思う親切な心という共通の意味があり、「ご好意に甘える」「ご厚意に甘える」…
  3. カラフルな羽根の画像
    鳥類学では「羽」と「羽根」を使い分けておらず、全て「羽」と表記するが、一般には「羽」と「羽根」の表記…
  1. 声楽家の画像
    歌手といえば、日本では歌謡曲の歌手のイメージが強いが、オペラ歌手・声楽家も含み、歌を歌うことを職業に…
  2. 磁器の花瓶画像
    陶器と磁器を総称して、「陶磁器」「焼き物」「瀬戸物」「唐津物」などと呼ばれるが、陶器と磁器では製造方…
  3. インターネットでわかる画像
    わかるの漢字には「分かる」「解る」「判る」があるが、常用漢字表に従えば「分かる」が正しく、「解る」と…
  4. 花菖蒲の画像
    アヤメとカキツバタは、共にアヤメ科アヤメ属の植物で、「いずれ菖蒲か杜若」という諺もあるように見た目も…
  5. 打ち合わせの画像
    御社と貴社は、どちらも相手方の会社を敬う言葉。 言葉の意味や相手を敬う度合に違いはないが、両者はき…
ページ上部へ戻る