「香水」と「オーデコロン」と「オードトワレ」と「オードパルファム」と「パルファム」の違い

香水の画像

香水は、香料をアルコールで溶かした液体。
化粧品業界では、香料濃度(賦香率)の高い順に、パルファム・オードパルファム・オードトワレ・オーデコロンと分類している。
日本では、オーデコロン・オードトワレ・オードパルファム・パルファムを総称して、「香水」と呼ぶことが多い。

日本の薬事法では香水の分類・規制がないため、メーカー毎に呼び分け方に違いもあるが、目安として次のように区別される。

パルファム(パルファン)は、濃度15~30%、持続時間5~7時間。
濃度が高いため小量で効き、香りが長持ちする。
英語で「香水」を意味する「パフューム(perfume)」は、フランス語の「パルファム(parfum)」と同源で、狭義に「香水」といえば「パルファム」を指す。

オードパルファム(オードパルファン)は、濃度10~15%、持続時間5~7時間。
パルファムのように香りに深みがあり、持続時間が長いが、濃度が低いため、価格もパルファムより低く設定されているものが多い。
「eau de parfum」の頭文字から、「EDP」と表記される。

オードトワレは、濃度5~10%、持続時間3~4時間。
濃度が低めで、ほんのり数時間香るため、普段使いに適している。
「eau de toilette」の頭文字から、「EDT」と表記される。

オーデコロンは、濃度1~5%、持続時間1~2時間。
シャワーを浴びた後のような感覚で使ったり、初めて香水を使う場合に適している。
「eau de Cologne」の頭文字から、「EDC」と表記される。
非常に濃度が低いため、オーデコロンと香水(パルファム・オードパルファム・オードトワレの総称として)に分類されることもある。
スポンサーリンク
【あわせて読みたい】
「臭い」と「匂い」と「香り」の違い
「芳香剤」と「消臭剤」と「脱臭剤」の違い
スポンサーリンク
【オールガイドリンク】
オーデコロンの意味・語源・由来 – 語源由来辞典
香水(こうすい)の類語・同義語 – 類語同義語辞典
オーデコロンの類語・同義語 – 類語同義語辞典

関連記事

  1. 木材の画像
    木材と材木は、切断して建築物や製品の材料に用いられる木を指し、置き換え可能な熟語である。 しかし、…
  2. 部下に指示する画像
    指示と指図は、物事のやり方、仕事の段取りなどを言いつけ、人を動かすことで、意味としては同じだが、ニュ…
  3. 聞く人の画像
    聞くと聴くは、意識の違いによって使い分けられる。 聞くは、「物音を聞く」「話し声が聞こえる」のよう…
  1. 永い時間働く人の画像
    ながいの漢字「長い」と「永い」の使い分けは、まず、時間のことなのか、時間以外のことなのかで分けられる…
  2. アメ横の商品画像
    商品は、商売の品物の意味で、売るため品物・販売を目的とした品物のこと。 製品は、製造された品物の意…
  3. 人と水の性質画像
    性格とは、人や犬・猫などの高等動物にみられる特有の感情や意思の傾向のこと。 また、事物にきわだって…
  4. アンテナの画像
    BSもCSも人工衛星から送信される衛星放送であるが、使用される衛星が異なる。 BSは「Broa…
  5. サンタクロースの画像
    クリスマスは、イエス・キリストの降誕を祝う祭りで、12月25日に行われる。 クリスマス・イブ(イヴ…
ページ上部へ戻る