「香水」と「オーデコロン」と「オードトワレ」と「オードパルファム」と「パルファム」の違い

香水の画像

香水は、香料をアルコールで溶かした液体。
化粧品業界では、香料濃度(賦香率)の高い順に、パルファム・オードパルファム・オードトワレ・オーデコロンと分類している。
日本では、オーデコロン・オードトワレ・オードパルファム・パルファムを総称して、「香水」と呼ぶことが多い。

日本の薬事法では香水の分類・規制がないため、メーカー毎に呼び分け方に違いもあるが、目安として次のように区別される。

パルファム(パルファン)は、濃度15~30%、持続時間5~7時間。
濃度が高いため小量で効き、香りが長持ちする。
英語で「香水」を意味する「パフューム(perfume)」は、フランス語の「パルファム(parfum)」と同源で、狭義に「香水」といえば「パルファム」を指す。

オードパルファム(オードパルファン)は、濃度10~15%、持続時間5~7時間。
パルファムのように香りに深みがあり、持続時間が長いが、濃度が低いため、価格もパルファムより低く設定されているものが多い。
「eau de parfum」の頭文字から、「EDP」と表記される。

オードトワレは、濃度5~10%、持続時間3~4時間。
濃度が低めで、ほんのり数時間香るため、普段使いに適している。
「eau de toilette」の頭文字から、「EDT」と表記される。

オーデコロンは、濃度1~5%、持続時間1~2時間。
シャワーを浴びた後のような感覚で使ったり、初めて香水を使う場合に適している。
「eau de Cologne」の頭文字から、「EDC」と表記される。
非常に濃度が低いため、オーデコロンと香水(パルファム・オードパルファム・オードトワレの総称として)に分類されることもある。
スポンサーリンク
【あわせて読みたい】
「臭い」と「匂い」と「香り」の違い
「芳香剤」と「消臭剤」と「脱臭剤」の違い
スポンサーリンク
【オールガイドリンク】
オーデコロンの意味・語源・由来 – 語源由来辞典
香水(こうすい)の類語・同義語 – 類語同義語辞典
オーデコロンの類語・同義語 – 類語同義語辞典

関連記事

  1. アンドリュージョーンズのうなじ画像
    うなじは、首の後ろの部分。 襟足は、首の後ろ側の髪の生え際。 首筋は「首の筋」と書くため、首の前…
  2. 夜中の街の画像
    夜更けを表す言葉は、深夜・夜中(真夜中)・未明・夜半などと多くあるが、それぞれに時間帯の明確な定義が…
  3. うだるような暑さの画像
    一日の最高気温がセ氏25度以上の日を「夏日」、30度以上の日を「真夏日」、35度以上の日を「猛暑日」…
  1. 正月の画像
    元日は、1年の最初の日で、1月1日のこと。 元旦は、元日の朝、元日のこと。 元旦の「旦」の字は、…
  2. 冷麦・素麺の画像
    本来、ひやむぎ(冷麦)とそうめん(素麺)は、製法が違うものである。 うどんを細く切ったものを「切り…
  3. 異常な行動の画像
    異常とは、正常でないこと、通常でないことであり、反対語は「正常」。 異状は、普段とは違った状態、つ…
  4. 炒り卵の画像
    スクランブルエッグを「洋風炒り卵」とも呼ぶように、スクランブルエッグは炒り卵の一種であるが別の食べ物…
  5. 干支の動物画像
    今年の干支を言う際、2106年であれば「申年(さるどし)」、2017年であれば「酉年(とりどし)」と…
ページ上部へ戻る