「カボチャ」と「パンプキン」の違い

カボチャの画像

カボチャは英語で「Pumpkin(パンプキン)」と訳されることが多いが、日本でよく食べられているカボチャはパンプキンではない。

カボチャは大きく分けて「西洋カボチャ」「日本カボチャ」「ペポカボチャ」に分類される。
英語では、これらのカボチャを総称して「Squash(スクワッシュ)」というため、種類に関係なくカボチャを表すのであれば、「スクワッシュ」というのが正しい。

日本で最も多く流通している西洋カボチャは、英語で「Winter squash(ウインター・スクワッシュ)」や「kabocha squash(カボチャ・スクワッシュ)」と呼ばれる。
その次に多い日本カボチャは、「Tropical squash(トロピカル・スクワッシュ)」や「Japanese squash(ジャパニーズ・スクワッシュ)」。
ペポカボチャは、「Summer squash(サマー・スクワッシュ)」といい、3つの分類の中にも「パンプキン」は出てこない。

英語で「Pumpkin(パンプキン)」と呼ばれるのは、ペポカボチャ(サマー・スクワッシュ)の一部で、オレンジ色の果皮をした、ハロウィンのジャック・オー・ランタンでよく使われるものである。

ペポカボチャに含まれるカボチャには、パンプキンの他に、金糸瓜、おもちゃカボチャ、ズッキーニなどがある。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

ページ上部へ戻る