「巻き寿司」と「海苔巻き」と「太巻き」と「恵方巻」と「手巻き寿司」の違い

節分の恵方巻画像

巻き簾に海苔、その上に酢飯を広げ、ネタ(具材)を乗せて巻いた寿司を、関西では「巻き寿司」、関東では「海苔巻き」といい、基本的に両者は同じものである。
ただし、関東の海苔巻きは、太さによって「細巻き」「中巻き」「太巻き」と区別されるが、関西で「巻き寿司」といえば「太巻き」を指すことが多い。
また、「巻き寿司」の解釈の仕方によっては、玉子焼きで巻いた「玉子巻き」なども含まれ、関東の「海苔巻き」とも、関西の「巻き寿司」とも異なり、「巻物」の寿司を指すことになる。

前述のとおり、「太巻き」は海苔巻きを太さで分類した時の呼称である。
かんぴょう巻きや鉄火巻き、かっぱ巻きなどの細巻きは、巻かれるネタは基本的に一種類だが、太巻きには、かんぴょう・玉子焼き・椎茸・キュウリなど複数の具材が巻かれる。
太さによって使用する海苔の大きさも異なり、細巻きは板海苔を半分に切ったもの、中巻きは板海苔を半分から一枚、太巻きは一枚から複数枚使用する。

恵方巻は、節分の日に、その年の恵方を向いて食べると縁起が良いとされる太巻きのこと。
元々は、大阪を中心とした関西のみの風習で、「恵方寿司」や「吉方巻き」「節分の巻き寿司」「幸運巻き寿司」、一本丸ごと食べることから「丸かぶり寿司」や「丸かじり寿司」など、様々な呼称があったが、セブンイレブンが「恵方巻」という商品名で全国販売したため、節分の日に食べる太巻きは「恵方巻」と呼ばれるようになった。

恵方巻には複数の具材が入るが、七福神にちなんで、7種類の具材が入れられていることが多い。
ただし、店によっては中巻きや細巻きを「恵方巻」として販売するところもあり、具材が一種類の恵方巻もある。
恵方巻と太巻き(巻き寿司・海苔巻き)との決定的な違いは、節分の日に食べるものであることと、切らずに丸ごと食べるという点である。

手巻き寿司も、「巻き寿司(海苔巻き)」の一種である。
しかし、一般にいう「巻き寿司」は巻き簾で巻いて作るが、手巻き寿司は巻き簾などの道具を使わず、手で巻いて作る寿司である。
手巻き寿司は、寿司屋よりも家庭で作って食べられることが多い。
スポンサーリンク
【あわせて読みたい】
「寿司」と「鮨」と「鮓」の違い
「赤鬼」と「青鬼」と「黄鬼」と「緑鬼」と「黒鬼」の違い
スポンサーリンク
【オールガイドリンク】
恵方巻の意味・語源・由来 – 語源由来辞典
恵方巻(えほうまき)の類語・同義語 – 類語同義語辞典

関連記事

  1. 気象衛星から見た台風の画像
    気象衛星ひまわりは、日本の気象観測用人工衛星の愛称。 雲や風、海面温度などの気象観測をする。 気…
  2. 石を避ける画像
    「避ける」には、「さける」と「よける」の読み方がある。 「さける」も「よける」も、好ましくない対象…
  3. シャベルとスコップの画像
    JIS規格では、上部が平らで足をかけて押せるものを「ショベル(シャベルと同じ)」、上部がな曲線状で足…
  1. 海藻サラダの画像
    お店のメニューや加工食品には、「海藻サラダ」と「海草サラダ」の2通りの表記があり、一方は間違いと指摘…
  2. カラフルな羽根の画像
    鳥類学では「羽」と「羽根」を使い分けておらず、全て「羽」と表記するが、一般には「羽」と「羽根」の表記…
  3. カフェラテの画像
    カフェオレ(カフェ・オ・レ)はフランス語から、カフェラテ(カフェ・ラテ)はイタリア語からで、どちらも…
  4. アンドリュージョーンズのうなじ画像
    うなじは、首の後ろの部分。 襟足は、首の後ろ側の髪の生え際。 首筋は「首の筋」と書くため、首の前…
  5. 王将と玉将の画像
    一組の将棋駒で、「飛車」「角行」「金将」「銀将」「桂馬」「香車」「歩兵」は両者一対となっているが、「…
ページ上部へ戻る