「WHISKY」と「WHISKEY」の違い

ウイスキーの画像

ウイスキーの綴りには、「KY」で終わる「WHISKY」と「KEY」で終わる「WHISKEY」がある。
「KEY」は「鍵」を意味するので、「WHISKY」が「鍵なし」、「WHISKEY」が「鍵付き」などとも呼ばれる。

この2種類の表記は、一般的に産地で区別されており、スコッチウイスキーなどスコットランドの流れを汲むものが「WHISKY」。アイリッシュウイスキーなどアイルランドの流れを汲むものが「WHISKEY」となっている。

日本のウイスキーは、スコットランドの流れを汲むものなので「WHISKY」。
バーボンで有名なアメリカンウイスキーの綴りは「WHISKEY」で、アメリカでウイスキーの蒸留所を造った人に、アイルランド出身者が多かったためといわれる。
ただし、アメリカのバーボンウイスキーでも、「アーリータイムズ」の綴りは「WHISKY」となっており、必ずしも綴りで産地が区別できる訳ではない。

このような表記の違いは、スコットランドとアイルランドが、ウイスキーの元祖を主張し合い、区別させるために「WHISKY」と「WHISKEY」に分かれたものといわれる。

開拓時代のアメリカでは、ウイスキーが貴重なもので、鍵をつけて大切に保管されていたことから、鍵付きの意味で「WHISKY」に「E」を加えて「WHISKEY」になったともいわれるが、これは後世になって、「鍵なし」と「鍵付き」の違いを面白おかしく言っただけであろう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 台風で海が荒れる画像
    台風は熱帯低気圧の一種で、構造は同じであるが、最大風速によって「台風」と「熱帯低気圧」に呼び分けられ…
  2. 翔ぶ人の画像
    飛ぶと跳ぶは、「空中を移動する」「飛行する」「fly」の意味であれば「飛ぶ」、「空中にはね上がる」「…
  3. おはぎ・ぼたもちの画像
    おはぎとぼたもちは基本的に同じ食べ物で、どちらか一方で呼ばれることが多いが、季節・大きさ・材料によっ…
  1. 青田の画像
    青田買いと青田刈りは、企業が優秀な人材確保のため、新入社員採用期間よりも早く、卒業見込みの学生や生徒…
  2. ウイスキーの画像
    ウイスキーの綴りには、「KY」で終わる「WHISKY」と「KEY」で終わる「WHISKEY」がある。…
  3. 夜中の街の画像
    夜更けを表す言葉は、深夜・夜中(真夜中)・未明・夜半などと多くあるが、それぞれに時間帯の明確な定義が…
  4. 日本の硬貨の画像
    現在、日本で通常発行されている硬貨は、1円、5円、10円、50円、100円、500円の6種類ある。 …
  5. 夏季休暇を使ってバカンスの画像
    夏季とは、夏の季節のことで、季節が中心にある言葉。 「夏季オリンピック」「夏季限定メニュー」など、…
ページ上部へ戻る