タグ:詩

  • 俳句を詠む人の画像

    「俳句」と「川柳」

    俳句と川柳は、共に五・七・五の十七音を定型とした短詩で、江戸時代に連歌から分岐し、娯楽性・遊戯性を高めた俳諧連歌から生まれたものである。 俳句と川柳の違いとして、季語、切れ字、文語・口語といった形式の違いが挙げられ…
ページ上部へ戻る