過去の記事一覧

  • ウニの画像

    「海胆」と「海栗」「雲丹」の違い

    ウニは、食べられる部分(生殖巣)が「胆(肝)」のように見えることから、海の胆で「海胆」と書く。 また、全身がトゲで覆われていることから、海の栗で「海栗」とも書く。 食品として販売される時には、生殖巣だけを取り出し…
  • 初雪の画像

    「初雪」と「新雪」の違い

    初雪と新雪は、「新しい雪」という意味では共通するが、両者は全く異なるものを表している。 初雪とは、その冬に初めて降る雪。また、新年に初めて降る雪のこと。 ふつうは、その冬に初めて降った雪を表す。 新雪とは、…
  • お金が足りない画像

    「足りない」と「足らない」の違い

    「足りない」と「足らない」は意味に違いはなく、どちらを使っても誤りではないが、「足りない」の方が現代語的で、「足らない」の方が古語的な表現となる。 そのような違いがあるのは、元になっている言葉が違うためである。 …
  • 先祖の画像

    「先祖」と「祖先」の違い

    先祖は、家系の初代のこと。 また、初代以後、その家系に属した現存者以前の代々の人々のことをいう。 「先祖代々の墓」というように、主に後者の意味で使われる。 祖先も同じ意味で使われるが、「人類の祖先は猿」というよ…
  • マスタードの画像

    「からし」と「マスタード」の違い

    おでんに使う「からし」も、ホットドッグに使う「マスタード」も、アブラナ科のカラシナの種が原料である。 しかし、からしは鼻にツーンとくる辛味があるが、マスタードはそれほど辛くない。 からしとマスタードで辛さに違いが出て…
  • 森の画像

    「森」と「杜」の違い

    「森」は「木」を3つ組み合わせた漢字で、本来は樹木が沢山生えている”様子”を表したが、日本では樹木が生い茂った”場所”を表すようになった。 「杜」は「杜の鎮守」というように、神社のある地の木立ちの意味で使い、神秘的…
  • 振袖の画像

    「和服」と「着物」「呉服」「反物」の違い

    和服とは、日本在来の衣服のこと。 明治時代に西洋の衣服が入り、日本に古くからある様式の衣服と、西洋の衣服を区別するため、日本の衣服を「和(日本)服」、西洋の衣服を「洋(西洋)服」と呼ぶようになったものである。 着…
ページ上部へ戻る