カテゴリー:類語・表現・意味

  • 下を見つめず空を眺める画像

    「見る」「見つめる」「眺める」

    見るは、視覚によって認識することを広く意味する言葉で、前後の表現によって「見つめる」「眺める」の意味にもなる。 また、視覚から得た情報によって判断することから、「観察する」「調べる」「判断する」といった意味でも使う。 …
  • 日本の美意識わびさびの画像

    「わび」と「さび」

    わびとさびは、日本独特の美意識を表す言葉で、「わびさび」とひと言で言うことも多いが、本来は異なる概念の言葉で、わびは質素で寂しい趣、さびは古く枯れて渋みのある静かな趣のことである。 わび(侘び)は動詞「わぶ(侘ぶ)…
  • 寝る・眠るカンガルーの画像

    「寝る」と「眠る」

    寝るは眠りにつくことを意味し、寝るも眠るも「睡眠」を表す言葉であるが、「立ったまま寝てしまった」というのは間違いで、「立ったまま眠ってしまった」というのが正しい。 寝ると眠るの違いは何かといえば、重点の置かれるポイント…
  • 能率も効率もアップする方法を考える画像

    「能率」と「効率」

    能率も効率も、できる仕事の割合を意味するが、比較する対象に違いがある。 能率は、一定時間内にできあがる仕事の割合、仕事のはかどり方のこと。 時間に対して、できる仕事量・達成度が比較される。 一定時間にできる出来…
  • 花の匂い画像

    「臭い」「匂い」「香り」

    臭いは「くさい」とも読むように、「ゴミの臭い」「下水の臭い」など、不快なものが対象。 「犯罪の臭いがする」など、いかにもそれらしい感じ、好ましくない雰囲気を感じるといった意味でも用いる。 匂いは、「花の匂い」「香…
  • 象の家族のぶらぶら散歩画像

    「ふらふら」「ぶらぶら」「ぷらぷら」

    「ふらふら」も「ぶらぶら」も「ぷらぷら」も、位置が定まらず揺れ動くさまをいうが、それぞれの使い方に違いがある。 ふらふらは、方向に関係なく不規則・不安定に動くさまに使う。 ふらふらの濁音「ぶらぶら」は、ふらふらよ…
  • 目標火薬田ドンの画像

    「目的」と「目標」

    目的と目標は、目指すものという意味では同じだが、目的は、最終的に実現しよう、成し遂げよう、到達しようとして目指すもの。 目標は、さしあたって実現させたり、成し遂げたり、到達しようと目指すものをいう。 目標には「目…
  • スカイダイビングの画像

    「ドキドキ」「ワクワク」「ハラハラ」

    ドキドキ(どきどき)は、心臓の鼓動が激しくなる様子を形容した語。 運動・興奮・不安・恐怖・期待などを表す際に用いる。 ワクワク(わくわく)は、中から外へ激しく動いて現れる意味の「湧く(沸く)」から生まれた語。 …
ページ上部へ戻る