カテゴリー:類語・表現・意味

  • エッセイストの画像

    「コラム」と「エッセイ」

    コラムとは、新聞や雑誌などの短評欄。また、囲み記事のこと。 コラムは「円柱」を意味するラテン語に由来し、円柱状のものや縦の列(カラム)を意味するようになり、新聞などの「縦の欄」の意味も持つようになった。 更に、そこに…
  • 日本の古い郵便受け画像

    「拝啓」「謹啓」「前略」

    手紙を書く際、冒頭の挨拶として「拝啓」「謹啓」「前略」などの頭語を用い、頭語に対応した「敬具」「敬白」「草々」などの結語を用いて締めの言葉とする。 最も一般的な頭語は「拝啓」で、「つつしんで申し上げます」という意味…
  • 積極的な画像

    「積極的」「自発的」「能動的」

    積極的は、物事を進んでしようとするさま。 自分から進んで行う場合にも、他からの働きかけに賛同して行動する場合にも、他へ働きかける場合にも用い、使われる場面によって「自発的」や「能動的」の意味も表す。 積極的の対義語は…
  • 目の錯覚画像

    「幻覚」「錯覚」「幻視」「錯視」「誤認」

    幻覚は、対象となるものが実際はないのに、あるように知覚すること。 多くの場合、「幻覚が見える」などと、実際にないものが見える「幻視」のことをいうが、幻覚は視覚によるものだけでなく、感覚器官に感じる全てに対応する幻覚があ…
  • 苦情・クレーム・文句・抗議の電話をする人の画像

    「苦情」「クレーム」「文句」「抗議」

    苦情は「苦しい事情」と書くように、元々は「難儀な事情」を意味した言葉。 転じて、害を受けていることに対する不平不満の気持ち。また、その気持ちを相手に伝えることや、その言葉をいう。 対象となる事象が、本来あるべき姿と異…
  • 疑問から発見・発明する画像

    「発見」と「発明」

    発見は、今まで世の中に知られていなかったものを見つけ出すこと。 発明は、今まで世の中になかったものを新たに作り出したり、考え出したりすることである。 特許法では、発見者ではなく、発明者に特許を受ける権利があり、発…
  • 進呈画像

    「進呈」「贈呈」「謹呈」「献上」

    進呈・贈呈・謹呈・献上は、いずれも、人に物を差し上げることを意味する。 進呈と贈呈の使い分け方に、はっきりとしたルールはないが、強いて違いを挙げるとすれば、使われる場面である。 進呈は「粗品進呈」など、軽い気持ち…
  • 以下と未満の画像

    「以下」と「未満」

    以下の「以」は「~より」の意味で、以下は「~より下」を表す。 数学や法律では、基準となる数量を含んで下の範囲のことで、1万円以下は1万円を含んでそれより低い金額、平均以下は平均値を含んでそれより下の数値をいう。 …
ページ上部へ戻る