カテゴリー:類語・表現・意味

  • 夢を叶える画像

    「夢」と「希望」

    夢と希望は、実現を望み願う事柄や、将来に対する期待の意味で使われる。 しかし、夢には睡眠中に見る幻覚体験や、現実離れした空想、心の迷いなどの意味もあるため、希望に比べて実現する可能性が低く、非現実的なことについて使われ…
  • 充分のイメージ画像

    「十分(充分)」と「存分」

    「十分(充分)に楽しんだ」と「存分に楽しんだ」のように、十分と存分は物事を満足のゆくまでするさまの意味では共通して使われる。(十分と充分については「十分と充分の違い」を参照) しかし、同じように使っていても、表す意味に…
  • 楽しいイメージの画像

    「楽しい」と「面白い」

    「楽しい」よりも「面白い」の方が意味に幅があり、様々な解釈ができる。 また、意味が共通する点もあるが、ニュアンスには違いがある。 楽しいの意味は、心が満ち足りて、愉快な気持ちである。豊かである。 面白いの意味に…
  • 一生懸命に登る画像

    「一生懸命」と「一所懸命」

    一生懸命と一所懸命は、命懸けで物事に取り組むことを意味するが、違いが全くないわけではない。 一所懸命の元々の意味は、中世の武士が賜った一カ所の領地を命懸けで守り、生活の頼みとすることで、「一所」は「一カ所(の領地)…
  • 方法を考える画像

    「手段」と「方法」

    手段と方法の意味は、ある目的を実現させるためのやり方のことで共通し、「有効な手段」は「有効な方法」に言い換えが可能である。 しかし、方法は目的に達するための計画的・全体的なやり方の意味で使うことが多いのに対し、手段…
  • 違う色の画像

    「違う」と「異なる」

    違うと異なるは、ある物事が他の物事と同じではないことを意味する点では共通するが、まったく同じように使えるわけではない。 「色が違う」と「色が異なる」、「事実と違う」と「事実と異なる」などは、どちらを使っても間違いで…
  • 砂時計と日記の画像

    「最近」「近頃」「この頃」「昨今」

    近い過去から現在までの期間を意味する言葉には、「最近」「近頃」「この頃」「昨今」などあるが、同じように使える場合と使えない場合があるので使い分けが必要である。 「昨今」は文章語なので、硬い口調で古い印象を与える場面…
  • 難しい仕事の画像

    「難しい」「困難」「至難」

    「難しい」「困難」「至難」は、実現することが簡単ではないことを意味する。 三語の中で「難しい」が最も一般的に用いられ、意味の幅も広い。 「困難」と「至難」は「難しい」に比べてやや硬い表現となり、意味の幅は狭い。 …
ページ上部へ戻る