カテゴリー:漢字・読み

  • ウニの画像

    「海胆」「海栗」「雲丹」

    ウニは、食べられる部分(生殖巣)が「胆(肝)」のように見えることから、海の胆で「海胆」と書く。 また、全身がトゲで覆われていることから、海の栗で「海栗」とも書く。 食品として販売される時には、生殖巣だけを取り出し…
  • 森の画像

    「森」と「杜」

    「森」は「木」を3つ組み合わせた漢字で、本来は樹木が沢山生えている”様子”を表したが、日本では樹木が生い茂った”場所”を表すようになった。 「杜」は「杜の鎮守」というように、神社のある地の木立ちの意味で使い、神秘的…
  • 土蔵と合掌造りの画像

    「倉」「蔵」「庫」

    物を保管する建物の「くら」には、「倉」「蔵」「庫」の三種類の漢字表記がある。 元々の意味を辿ると、「倉」は穀物を貯えておく場所。 「蔵」には「隠す」の意味があり、大切にしまっておく場所。 「庫」は兵器を入れてお…
  • 穴の画像

    「穴」と「孔」

    「孔」を「あな」と訓読みするのは常用漢字表外であるため、一般的に「孔」は「こう」と音読みし、「あな」には「穴」を用いるが、意味を強調する時には「穴」ではなく「孔」を用いることもある。 窪んだあなには「穴」、突き抜け…
  • 拡声器を使ってお知らせする画像

    「広報」「公報」「弘報」

    広報とは、官庁や企業、各種団体などが、施策や活動内容、商品やイメージなどを広く一般の人々に知らせること。また、そのお知らせ。PR。 戦前まで「広報」は「弘報」と書かれることが多かったが、弘報は情報の配信のみを意味し、一…
  • スタート地点の画像

    「返る」「帰る」「還る」

    事物や人などが、元の場所や本来の状態に戻ることを「かえる」という。 漢字では「返る」「帰る」「還る」の表記があり、「反る」も「かえる」と読むが、「そる」とも読み、常用漢字表外であるため、ふつうは「返る」を用いる。 こ…
  • 探究の画像

    「探求」と「探究」

    探求は「探し求める」と書くように、ある物事を得ようと探し求めること。 「史跡の探求」や「人生の意義を探求する」などと使う。 探究は「探し究める」と書くように、物事の本質や意義を探って見きわめようとすること。明らか…
  • 映画鑑賞の画像

    「観賞」と「鑑賞」

    観賞の「観」は「観光」や「観測」などに用いられるように、見る(観る)の意味があり、観賞は見て楽しむことを意味する。 「植物観賞」や「観賞魚」など、主に、動植物や景色など自然に関することに用いられる。 鑑賞の「鑑」…
ページ上部へ戻る